2013年6月16日日曜日

ハセガワ 1/72 三菱F-2支援戦闘機 洋上迷彩の塗装方法

今回は1//72三菱F-2に洋上迷彩を塗装しましょう。

さて、このF-2に施されたブルー系2色を使った洋上迷彩ですが
イーグルなどの制空迷彩に比べると、2色間の境界線が
かなりハッキリとした感じに塗装されています。
72スケールだと、エアブラシのフリーハンドで
ここまでくっきりとボカシ幅を詰めた塗装って、かなり難しいんですよね。

なわけで今回はエアモデルではポピュラーな
マスキングによる塗装方法で作業してみたいと思います。
基本的にベタ塗り感覚で吹けますから、
エアブラシ初心者の方にもお勧め出来る作業方法ですね。


まずマスキングするための型紙を用意しましょう。
今回使用するキット説明書の塗装図の右上には、メーカーさんが
縮尺の%を書いてくれておりまして、倍率を簡単に出すことが可能なんです。
縮尺は側面55%上下面50%となっており、ここから必要な型紙は
200%と182%の二種類だと導きだされますよね。
説明書をコンビニでコピーしたのですが、
A3サイズの用紙にピタリと収まっちゃいましたv(^◇^)v 
これで型紙の準備は完了です


では型紙を切り出していきましょう。
作業的には大したことはなく、ただカッターで切り出すだけ

上面部用は200%、機首&垂直尾翼部用は182%に拡大した
コピー用紙を使って切り出してあります。
あと胴体上面用と機首用型紙の連結部ですが、ここは少し被る位に
余裕をもって切り出しておいたほうが良いでしょう。
オカメは写真のように編隊灯の辺りを被る様にして切り出しました


次は型紙を貼るための準備に掛かります。
ここは色々なやり方があるようですが、オカメは面倒なので
写真のように両面テープをクルクルとコヨリ状にした物を使いました。
今回使ったテープは5mm厚
ふむ・・・このテープの厚みで型紙の高さを色々と調整出来そうですね
(*^ 3 ^) 今度実験してみようっと


作った両面テープの「コヨリ」を写真のように
型紙の内側に少しだけ隙間を開けて貼り付けていきます。
これなら型紙の仮止め&塗料の内側への吹き込み防止を
兼ねることが出来て一挙両得となるわけです (^◇^)v


最後に各型紙を機体に貼り付けていき
写真のような状態にすればマスキング作業は終了です。

さて、先に胴体&機首の型紙は、
連結部に余裕を持って切り出すように書きましたよね
その理由はこの作業時にありまして
胴体側と機首側の型紙を機体に貼り付けるとき
ココの部分に余裕があれば2枚を重ね、現物合わせで
綺麗にラインをつなぐことが出来るという訳です。
う~ん、口ではチョッと説明しにくいなぁ~(苦笑)
写真を見たら分かるかな?
実際に作業してみると直ぐに分かると思うんですけどね

あと、型紙の塗装面からの浮かせ具合ですが
ほんとは全面均一にしておくべきなのでしょうけど
オカメは結構~いいかげんに仕上げちゃってます (^^ゞ
全部の浮かせ具合を合わせるとなると大変すからね~ハハハ

では吹き付けに入りますが、ここでワンポイント d(゚-^*)



絵のような角度で吹き付けると、余計な塗料が内側に吹き込んで
色の境界が汚くなってしまう可能性が高いですね



この絵はチョッと極端に画いてますけど(^^ゞ
空気と塗料が外に逃げるような角度で吹き付けてやれば
内側に余分な塗料が巻き込まないというわけです
知っている方にとっては、どうと言うことのない注意点なのですが
今回は知らない人もいると思うので一応ここで紹介しておきますね

さて、濃い方の塗装が終われば型紙をはがしていきましょう
ペリペリペリ・・・・・






洋上迷彩塗装の完成で~っす♪
ウッキョ~~ッ!
濃淡2色のブルーが機体に映えて、ムチャクチャかっこええ~~
これほどカッコエエ迷彩ってそうは無いんじゃないでしょうか
え?そら自衛隊機だからだろって?
(;^ω^) いやぁ~ハハハ・・・・まぁ~それも少しあるかな(苦笑)

しかし、よ~く見ればボケ幅が微妙に変化したりもしてますし
迷彩パターンの考証も塗装図まかせで結構いい加減ですね
でも普通の人が見たらソコソコ「見れる」仕上がりにはなってると思うのですが
・・・・・どうでしょ?(^◇^;)

この迷彩塗装ってチョッと手間とは思いますが、
この手法なら型紙に印刷されたモールドを基準にして貼っていけますし
初心者の方でもそうは悩まずに作業出来ると思うんです。
この記事を見て興味が出てこられた方は
カッコイイ洋上迷彩に一度挑戦してみてはいかがでしょう
自分の手で作った美しい機体に感動すること間違いなし

ムフフ・・・・楽しいですよぉ~~~♪


元ネタを知らない人は、「めぞん一刻」「陽だまり」を動画サイトで検索すれば幸せに(笑)

ところで村下孝蔵さんが急逝されて、今年(2009年)でちょうど10年に
(´;ω;`)ブワッ・・・・神よ、仏よ、なんでこういう方を・・・・・・まったく

最新の更新履歴

5.26 製作中のA-6A イントルーダーを更新
5.23 製作中のF/A-18C ホーネット(アカデミー)が完成
   製作記と完成写真をギャラリー(現用機)へ移動