2013年5月11日土曜日

モダンパワーシリーズ 航空自衛隊モデリング&主要装備品ガイド (2012.11)


2008年のF-4から始まり、自衛隊機好きにリリースされた最強の資料本
“モデルアート プロフィール”ですが、2011年の夏に発売されたT-4(練習機)の計6冊で
惜しまれつつも(おそらく)航空自衛隊機については完結となりました。
(・e・)が!

♪震え~る~な、瞳こらせよ~♪



1年の時を経た2012年の冬!同じ有限会社モデルアート社より
航空自衛隊を題材にした別冊本が新たに発売されることになりました!
その名も“航空自衛隊モデリング&主要装備品ガイド” d(●^o^●)

今度は同社の別冊モダンパワーシリーズの第2巻としての発売になるのですが。
人気企画「モデリングJASDF」を擁する自衛隊機に強い同社の別冊
こいつぁ~期待しない方がおかしいって~もんでしょ?

なわけで発売日に速攻購入!
自衛隊機好きの同士の為にレビューしたいと思います


まずは表紙から

オオ~ッ!シックな表紙が良いですね~ (^◇^)
ただ色的に少し落ち着き過ぎ・・・・という感じがしないでもありませんが
内容的に大人向けの模型誌なのですから、こういう感じの方が正解なのかもしれませんね
なにせよ大きく書かれた航空自衛隊の文字と、F-15&F-2の作例写真が
オカメの期待感を刺激し、ワクワクさせられます♪

では、中をみていきましょう


まずは定番の実機写真と解説が6ページ

プロフィールでは題材(機種)に準じた少々コア(笑)な機体解説でしたが
今回は航空自衛隊の現状を、ワイドに解説した内容になっています。

大災害や自国の安全保障、これからの航空自衛隊の課題等々
程よいページ数に上手くまとめてありますので、サクッと読みきれますね♪

 

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ キャ~~ッ♪
まってましたのモデリングチェックポイント!

写真を見てもらうと分かると思いますが
「ここがポイントだよ!」ってところをイラストで解説してあるんですよ

以前から1/48スケールキットは別冊等で掲載されることもあったのですが
なぜか72スケールは冷遇(笑)されておりまして
いや、まぁ~今は48や144が主流になっていますから仕方が無いんですけどね

でも今回は、なんと対象がオカメの好きな1/72スケールキット!
ううう・・・・・これを見て、感涙に咽ぶ72スキーの姿が目に浮かびます (ToT)

紹介されているキットは現状でのベストキット
ハセガワ製のF-15J、F-2、F-4EJの3機種!
知名度が高く人気の高い機体ですから、ステップアップを狙っているライトなファンには

(●^o^●)b と~~~~ってもありがたいですよねっ




次は模型誌の王道! 作例を基にした機体&キット解説です

紹介されている機体は、F-15J(32)、F-2A(48)、F-4EJ改(48)
RF-4E(48)、F-35J(144)、E-2C(72)、E-767(200)
KC-767(200)、C-1(144)、UH-60J(72)、T-4(48)
そしてブルーインパルス仕様の機体がT-4、F-2、F-86(各48)の3機!

どうです、むっちゃ種類が多いと思いません?
(ってか、KC-767なんて普通の模型誌じゃやりませんよね(^^ゞ )
さ~~~っすが自衛隊に強いモデルアートと言いましょうか(笑)
オカメのような自衛隊機ラブの人間には、たまらんラインナップです

また、キットの製作記事はもちろんのことですが
写真のような汚れの表現方法とか機体のディテール写真等々
それ以外のネタも、い~~~っぱい織り込んでありまして
これがまた製作される方のお役に立つ事間違いなしですぞ♪


そして現用主要装備品ガイド

これは写真を見ていただければ分かるように
現在、航空自衛隊で運用されている装備品を、写真、解説、データで紹介したもので
飛行機はもちろん、地対空用の装備から搭載される兵装まで
15ページに渡って分かりやすく紹介されています。

どちらかと言えば読み物としての色合いの強いページですが
搭載兵装などはキット製作時の役にもたちますね d(゚-^*)


最後は現在入手可能な、航空自衛隊関係のキット等のガイドになっており
写真のように、機体ごとに入手可能なキット&アイテムが紹介してあります。

たとえば「あっ!この機体が作りたいなぁ~」と思った時に
コレがあればパッと答えが出てきて、と~っても便利ですよね♪

さて今回の航空自衛隊モデリング&主要装備品ガイド
まぁ~キャッキャ、キャッキャと褒めまくってばかりのレビューになっちゃいましたが
かと言って不満点は無いか?と問われれば・・・・・答えはNO~

じゃぁ~何が?といいますと
あまりに範囲を広げすぎた・・・・と申しましょうか
色々詰め込みすぎたため、一つ一つの内容(機体)が少し薄く感じちゃうんですよね

まぁ~これはモデルアートプロフィールがあまりにも極濃で
それに慣れた(麻痺した)からって~のもあるのですが (^^ゞ
もっと!もっと!!と、ドンドン強い刺激を求めてしまうのは人の悲しい性なのです(笑)

ただ、これはオカメみたいなジャンキーの話でして
ライトに自衛隊機模型を楽しんでいる方にとっては
かなり・・・・そう、かなり制作意欲を掻き立てられる刺激的な内容だと思います。

また、F-2&4&15のメジャーどころ以外の内容
つまり、この本とほぼ同時期に発売されたクレオスの洋上迷彩特色に関する記事や
モデルアートプロフィールでは無理であろうE-2Cのような支援機の記事等々は
なれた人にも結構~刺激的な物に仕上がっており
自衛隊機が好きな方なら買って損は無い、ナイスな内容と言えるでしょう。

さぁ~っ自衛隊機に興味のある(出てきた)モデラーの皆さん
まずは書店&模型店で、この本を買っちゃいましょう
そして更なる刺激が欲しくなったら(笑)・・・・・・
モデルアートプロフィール!!

(;´Д`) さ・・・・最強のコンボ技やぁ~





最新の更新履歴

6.26 製作中のクフィル (エリア88仕様)を更新
6.23 TOP絵を更新
6.22 製作中のF-20タイガーシャーク(エリア88仕様)を更新