2018年6月3日日曜日

護衛艦「かが」の一般公開・その3 18/06/03の更新分

さて、「かが」の甲板を初めて見たオカメの感想はと言いますと




いや、もぅ~なんていうか、とにかく広い!
船上とは思えないほどに・・・・広い!!

5年前にひゅうが型護衛艦「いせ」を見学した時
もう~とんでもなく広く感じたんですけど
それ以上の広さってどうよ?ってレベル(汗)

開催情報を教えていただいたDARKNESSさんより
ひゅうが型とは別物とお聞きしていたのですが
こうして本物を生で見にすることにより
それを凄~~~く実感することができました (^^ゞ

さて、その広さに恐れおののきつつ
コースに沿って見学をしていくことにしましょう。

まずは艦尾に向かい・・・・



/(`,,・ω・,,´) はためく自衛艦旗へ敬礼!

で、展示している



SH-60K哨戒ヘリなどの装備品を眺めつつ
船首方向へテクテクと移動していきます。



う~ん、まるで城壁ですね(汗)

ひゅうが型の「いせ」は
甲板上にVLS(垂直発射システム)があったりして
自身が戦う艦船って雰囲気があったんですけど
このいずも型は完全にキャリアー・・・・って感じかな

なので甲板上にF-35Bが駐機している姿を
チョッと見てみたいような気がしちゃいました (^^ゞ

さて、ジックリと見学し終わったので
次は前方にあるエレベータに乗り込んで



グウゥゥ~~ンと格納庫へ収~納~っ









お孫さんでしょうか
巨大なタペストリーの前で記念撮影されいる方も (^^ゞ

なんとも微笑ましいシーンですが
この艦が本来の目的で活躍することがなく
訓練や災害(起これっていってるんじゃないですよ)派遣
こういった広報活動のみで一生を終えてくれればと切に願います。

さて、これにて艦内の見学が終わりましたので
出口から外に出ようと思ったら・・・・



港は人、人、人・・・・人の海!!

お・・・・おいおいおい
乗り込む時よりムッチャ増えてるやん (^_^;)

と・・・とりあえずタラップを降りて船首側へ移動
同時に展示されていた陸自の装備品や
露店の物販品などを見学し
天保山を後にすることになりました。



/(●^o^●) さらば「かが」

こうして楽しかった一般公開見学を終え
防波堤のゲート部分から外に出たところ・・・・



港に入りきらない見学者の列(汗)

まぁ~なんていうか
自衛隊に好意を抱いているオカメとしては
こういう広報イベントに多くの方が足を運んでくださるってのは
なんとも嬉しい話でありまして (^^ゞ

と、最初は思っていたのですけれど・・・・・



なんと港どころか施設からもはみ出した列が
駅に向かって延々と続いているじゃないですか!

もちろん交差点とかを跨いじゃってるので
迷彩服を着た自衛官の方が列に着いて案内しているのですが
知らないでこれを見た人は
「い・・・・・いったい何事やねんっ?!」
って思っちゃったでしょうね(笑)

で、この列がどこまで続いていたかと言いますと



なんと、大阪港の駅を通り越してしまう位(汗)

おいおい、えげつないな・・・これ
な~んて思ってたんですけど



後からニュース記事を見ると、なんと見学者は

(*゚□゚) 約2万1千人!!!!!

駅まで続く異常な列に艦内見学を諦め
外からの見学だけにした方も多数・・・・・
というか、そっちの方が多いと思いますので
実際に来られた方はいったい何人いたのでしょうか (^_^;)

ということで、これにて「かが」一般公開の掲載は終了です。

全通甲板型護衛艦のエレベーター搭乗は
ぜひ一度乗っていただきたい!って位に
興味深い体験になるだろうとは思うんですけど
(特にお子さんは大喜びされますよ♪)
ここまで人が多くなっちゃうと、気楽にお勧めして良いものかどうか
う~ん・・・チョッと微妙になっちゃいますね(汗)

ただ、今回は人口の多い大阪での開催ってことのうえに
アクセスしやすい場所ということもありましたので
他の場所で開催される場合では、また違ってくる・・・はず?

と・・・とにかく
まだ全通甲板型護衛艦を見たことの無い方には
ぜひ一度は足を運んで「生で」見て欲しいと思います。
艦内見学(エレベータ搭乗)が出来ればベストですが
もし今回のように無理っぽい感じになっちゃったとしても
艦外から船体を眺めるだけでも
その雄姿に必ずやグッとくること間違い無し!!!

(●^o^●) ですぞ♪

最新の更新履歴

06.21 製作中の中国空軍 殲撃20型を更新
06.17 製作中のF-15J 空自50周年SPを更新
06.15 製作中のF/A-18E スーパーホーネットを更新