2016年7月7日木曜日

16/7/07の更新分

え~っと、掲示板の方でキャノピーに関する質問がありましたので
こちらで解説させてもらいますね (^^ゞ

まず機体に前後のキャノピーパーツを仮組みし、酷い場合は削って調整を行います。
ピッタリ合わせようとクリアパーツをいじくりまわすと
時間を思いっきり食われたり、却って悪い結果になったりしますので
大体合ってればOKとしています。

次に普通のプラモ用接着剤を点付けし
「前後間の段差等を重視しながら」前後のパーツを「機体に合わせつつ」仮接着
良い位置が決まったところで合わせ目付近のガラス部分をテープでガード
その後、隙間に流し込み接着剤を少しずつチョンチョンと流して溶着してしまいます
(たくさん流すとプラが解けて曇りますので注意)

時間を置いて、キャノピーがガッチリと一体化したところで
隙間が開いた位置の機体側にラッカーパテを盛り
表面のみが乾いたところで(中は半生状態)
キャノピーをギュッと押し付けて「形」を作ります。



後はパテが乾燥してからカッターで大まかな形状出しを行い
最後にペーパー掛けして表面を均してやれば加工作業は終了

後はキャノピー内側にマスキングリキッドを塗り
中にティッシュ等を詰めてから両面テープで仮止め
エアブラシでの塗装が全部すんでから全部剥がして本接着。

と、まぁ~オカメの「現在の」キャノピー周りの仕上げ方はこんな感じでして
経験上これが一番楽で早く出来るような気がしますので
「現在のところは」このやり方でキャノピー周りを仕上げています (^^ゞ

他にもやり方は色々ありますし、人によって作業の好みも違ってくるでしょうから
ま、今回の作業紹介は「参考」と考え
まだコレと言ったやり方が決まっていない方は色々と試して
自分に合ったやり方を見つけてくださいね

(●^o^●) ではでは