2015年4月9日木曜日

15/4/09の更新分

そんなわけで自転車用のチューブを買いに
近くのホームセンターへ行くことになったのですが
どうせリア周りをバラすことだしと
けっこう減っちゃっているタイヤの方も一緒に購入
まとめて交換しちゃうことにしました。

え~っと、タイヤサイズは27インチの・・・・と


店頭に置いてある同サイズ2種のうち、片方のタイヤには
「接地面のゴムが厚く、パンクしにくい」と書かれていまして
物を見てみると、なるほど、確かに外周部のゴムが肉厚に成型されています。

う~n、多少値段はアップしていますがパンク修理に掛かる手間に比べれば
その価値は十分にありそうですので今回はこちらを購入。
中のチューブは以前肉厚タイプを買ってもすぐにダメになっちゃったので
普通の製品を選ぶことにしました (^^ゞ

さて、うちに帰り、作業を行おうとチャリのリアタイヤを浮かしてみると


(ビフォーアフターのナレーション風に)
なんということでしょう~、ハブがガッタガタになってます

タイヤをつかんでゆすってみると、ガタガタ、ガタガタ
まぁ~ガタツキが凄い凄い(汗)
これは中のベアリングがかなり「やばい」ことになっているのかも・・・・

というか、こんなんなるまで気づかなかったって~のも
(いや、気づいていたがあえて無視していた姿勢が)
どうかって話なんですけどね(笑)

2万も出しゃ~同程度の新品が買えたりしますので
一瞬どうしようか・・・と考えましたが
せっかく新品のタイヤとチューブを買ったんだしということで
とりあえずバラしてみることにしました。

で、パーツ類をポンポン外してリヤホイールを車体から外してみると
ガタガタガタ、ゴロゴロゴロ・・・・・・・うわぁ~
嫌ぁ~なガタツキと回転振動が、思いっきり手に伝わってきます(汗)

次に中を見てみたいのでバラそうと思ったら
あららぁ~?
ダブルナットの下側がムチャクチャ薄いナットになってるやん!。
(簡単に言えば、薄~いスパナが必要になってくるってことです)
オカメの工具って自動車用に使っていた物ですので
このmm数で薄手のスパナなんて持っていないのです(泣)

う~ん、インパクトレンチがあれば楽勝なのですが
無いものをあれこれ言ってもしかたがありませんので
チョッと小技を使ってパーツを固定


そして外側のナットにレンチを掛け
思いっきり手で引っ叩いてナットを緩めてやりました (^^ゞ

で、ハブベアリング周りをバラしてみたところ


・・・・・減ってるねぇ~(汗)

中のグリスはどこへ行ったのか、カラカラのベアリング球は
磨耗によりリテーナー内を遊び回る位に痩せており
内外のレース側も表面がガッタガタ・・・・
そら~ゴリゴリ言うわなぁ (^_^;)

これ、本当ならば全取っ替えのパターンではありますが
そこまでするなら買い換えた方がマシって~代物ですので
今回は調整&グリスをタップリ塗るだけで済ませちゃいました。

ついでに変速機の清掃&グリスアップも一緒に行うことにしたのですが

(・e・)b そこは次回の更新でね♪

最新の更新履歴

8.19 TOPページを更新
8.18 製作中のショート ツカノ T.1を更新
8.17 第3スチラドウゥが完成、完成写真と製作記をギャラリー(キャラクター(航空機))へ移動