2019年7月3日水曜日

セメダイン 瞬間接着剤はがし

ぎゃ~~~~~つ!

皆さんは瞬間接着剤が余計なところに流れ出し
こんなふうに泣き叫んだことはないでしょうか?

オカメもつい先日このトラブルに見舞われてしまい
おそらく普通一般的に行われている作業
「硬化後の瞬着を削って修正する」ことになったのですが
正直、このやり方だとかなり手間が掛かる上に
スジボリや細かいモールド等がある箇所の再生に関しては
ほぼ不可能に近かったりするんですよね (^_^;)

んが、しかし!
掲示板の方で「瞬間接着剤はがし」なる製品が市販されており
これを使えばかなり綺麗に処理することが出来ると
使用した時の写真付きで紹介していただきまして
その効果の高さにビックリ仰天!
さっそく購入して使ってみることになったのでありました。

★Na0様、情報ありがとうございます (●^o^●)



写真をクリックすると大きいサイズで見れます

と、そんなわけで今回購入したのは紹介していただいた
写真の「セメダイン 瞬間接着剤はがし」

接着剤の老舗、セメダイン株式会社さんの製品で


ご覧のように、ペイントマーカーと同じ構造&使い方により
①中の薬液を硬化した瞬着に塗りつけ
②薬液が瞬着に浸透、やわらかくしてから
③ティッシュや布でこそぎ取る
ように作られているそうです。

ってことで、実際にどれ位の効果があるのか
実際に使用して検証してみようと思います。


まずはプラモデルのモールド部分に瞬着を塗り
わざと「瞬着がはみ出した状態」を再現してみました。
(目視しやすいように、表面に極薄でサフを吹いています)

使用したキットはハセガワ製の1/72 三菱F-2
横の単三電池と比べてもらうと良く分かると思いますが
かなり繊細なスジボリになっています。

ここに


①先の瞬着はがしの薬液を塗りつけてしばらく放置
②薬液が滲み込むことにより瞬着が軟化
ステッカーとかの「糊」というか「ボンド」というか
餅のような粘り気のある物性に変化する
③軟化した瞬着を拭き取る
A.先に乾いた状態のティッシュや布でバ~~ッと拭き取り
B.表面に残ったベタツキ(取り残しの瞬着)は
Mrカラー等の「プラモデル用ラッカー薄め液」を染み込ませると
きれいに拭き取りやすい
C.ツールクリーナーや普通のラッカー薄め液は使わないこと!
④一度で綺麗に取れなかった時は
同じ作業を繰り返して瞬着を徐々に削いでゆく

で、こうして瞬着を拭き取ったのが


(^◇^) これだっ!

写真を見ていただければ
モールドがほぼ回復しているのが分かるでしょ♪

更に、ラインスクレイバー等で溝に入り込んだ拭き残しを
ザグッてやったら


(;^_^) も・・・・もう完璧ですね!

ただし・・・・・
瞬着を軟化させることは出来るのですが
水のような粘性(シャバシャバ)にまではもっていけませんので
細かい造形のスモールパーツとかに瞬着が流れた場合は
どうしても「拭き残し」が出てきてしまい
100%元通り!にまでもっていくのは難しいかと思われます。

ただ、そういったパーツでこの手のトラブルに見舞われた場合
削りで修正することはほぼ不可能→自作で作り直し
それが出来ないなら最悪は廃棄となりますので
パーツの再入手とかが難しい時などには
挑戦してみる価値は十分にありますぞ♪


(´;ω;`) ・・・・でもね

今回使用したセメダイン社の製品はプラに対する攻撃性が低く
(個人的な感想としてはプラモ用塗料の薄め液程度)
プラモデル用としては「かなり使える製品」なんですけど
どうもメーカで生産が終了しているようでありまして・・・・

紹介してくださったNa0様によると
物によってはプラを溶かしたりする物もあったりするそうですので
他の瞬間接着剤はがしを使用する場合は
(もちろんこの製品を使用する場合も)
事前のチェックはシッカリしておいてくださいね。


最新の更新履歴

12.13 TOPページを更新
11.12 製作中のJ-8II(殲撃八型II)戦闘機を更新
11.11 製作中のVF-22S “マクロス7”を更新
11.10 製作中のヴォート A-7E コルセアⅡを更新