2018年11月30日金曜日

18/11/30の更新分

ちょっとバタバタして遅くなっちゃいましたが(汗)
先週末の夜、掲示板の方で
KBS京都で「ファイナル・カウントダウン」!
それが終わってすぐにBS朝日で「トップガン」!!
が連続で放映されると教えていただきましてね



ついこの前見たばかりなので
今回は「まぁ~ええかな」な~んて思ってたんですけど
出だしの部分をチラリと見ちゃったら・・・・・

(* ´ ω`*) フアァァァァ~~~~~・・・・・


飛行機好きの性ともうしましょうか(笑)
結局ズルズルとみることになっちゃいまして
その勢いで次の「TOP GUN」もズルズルズル
結局、気が付いたら2作品ラストまでシッカリ視聴して


フオォォォ~~~~ッ!
やっぱこの頃の米海軍は超~~~~~カッケェェエ~~~ッ!!

ま、そんなこんなで
4時間分の作業が停滞してしまう結果になってしまいました(泣)
ううう・・・・
またこの頃の米軍機をムチャクチャ作りたくなってきちゃうし
ほんと、この2作品ってなんて罪作りな映画なんでしょうか(怒)

最近この2作ってよく放送されているんですけど
世相に反映しての話か?
こいうミリタリー系映画の受けが良くなってきているのかなぁ

自衛隊スキーのオカメとしては
ここは一発、TV局に

ヽ(*`Д´)ノ⌒「ベスト ガイ」ドン!

をお願いしたいところ・・・・いや、やっぱこれはダメかな(笑)

個人的には、今こそ「今日もわれ大空にあり」をと思うのですが
これ・・・
一般人の方が見たら面白いと感じてくれるのかなぁ~ (^_^;)

2018年11月27日火曜日

18/11/27の更新分

どうなることやらと思っていた2025年国際博覧会ですが
あけてビックリ!



大差で大阪に決定しちゃいましたね (^_^;)

どちらかというと、個人的にこういったイベントっていうのは
その時だけのお薬、そう、ヒロポンみたいなもんで
「打った時だけ」の借金みたいなものなんて感覚なので
正直・・・・・どうかなぁ~~って思っていたんですけど
やると決まったからには1970年の万博並みに
あれは良かった!と
後世まで語られるようなイベントになって欲しいですね

さて、大阪万博決定の報で色々番組が放映され
その中で元「大阪維新の会」代表の橋本さんが出演されていたのですが
大阪市と府がタッグを組めたからこそ!
といった内容のコメントをされておりまして



まぁ~内輪でケンカばかりしてたら何もできませんもんね(笑)

しかし橋本さんって個人的に好きとか嫌いとか
そういった感情はあまりないのですが、なんか妙に説得力があるというか
とにかく頭の良い方なんだろうなとは思います。

あ、いちおう言っておきますけど
オカメはどこそこの政党押しってのは無く
その案件に対する姿勢や行動のみで評価してますので、はい (^_^;)

2018年11月22日木曜日

18/11/22の更新分

(●^o^●) ヤッフゥゥ~~~~~ッ♪



中国空軍の最新鋭、J-20戦闘機の完成で~~っす!



仮組み段階だと

(´・ω・`) ・・・・・イカ?

って感じで、あまりカッコイイ機体だとは思わなかったんですけど(笑)
完成させてみたらアラびっくり!
意外とイケてるじゃ~ありませんか。

まぁ~俊敏にキビキビ動くって感じのスタイルじゃないんですけど
F-35を見慣れてきたからでしょうか
最近はこういうポッテリした形状の戦闘機にも
あんま違和感を感じなくなってきてるんですよね(笑)



製作記の方にも書きましたが
このプロトタイプはチョッとモッサリした感じがするんですけど
量産型はかなりシャープで見るからに手強そうな雰囲気になっており
(制約無しの自国産ですから、実際かなり改良されてるみたいですし)
こんな機体がわんさか飛んできたら・・・・

(´;ω;`) いやだなぁ~~~~~

わがF-2の後続機も国産でいくことになったみたいですが
どんな機体になるのか
ワクワクしつつも心配でもあったり・・・・



マクロスの世界観で見たら現在(2018年)だと
VF-1ってとっくに完成してるんですよね(笑)

そういえば・・・・・
なんか子供の頃に思い描いていた未来とは微妙というか
全然違う世界になってますね
小松崎茂さんとかサンダーバードみたいな空想科学的なのとか
松本零士先生のメーターまみれとか
実際は全く逆方向ですもんねぇ・・・・(汗)

う~ん・・・これから未来はどうなってゆくのでしょうか (^_^;)

2018年11月20日火曜日

18/11/20の更新分

♪ゴンゴン、ゴンゴン、ゴンゴン、ゴンゴン♪
♪ゴンゴン、ゴンゴン、ゴンゴン、ゴンゴン♪
♪ゴ~~~~~~ン、ゴ~~ン・・・



あはははは
今日はカルロス・ゴーン氏逮捕の話題でもちきりでしたね (^^ゞ

ただ、まぁ~ああいうレベルの方々の
50億がどうたらこうたらって話なんて
貧乏人のオカメにしたらプラネット・ナインくらい遠い世界の話しでありまして
ぶっちゃけ

( ´・ω・)y─┛~~~ へ~~・・・・そうなん

ってくらいにしか感じなかったりするんですよ(笑)

それよりももっと大きく
真面目に考えていた悩みはといいますと
「次に製作開始するキットをどうするか」ってこと!
(ちっせぇぇぇぇ~~~~~っ(笑))

今回の飛行機模型スペシャルはF/A-18スパホの特集だったんですけど
酒本氏、辻野氏、阿部氏、田口氏、4名による
1/72、4メーカーの製作記事がかなり良くってね
なんかまたムッチャ作りたくなってきちゃってたんですけど

J-20の次ですし、やっぱ中国機って考えもあったので



どっちにしようか
凄く・・・・凄~~~~く悩んだんですけど
結局、この機会(中国機が作りたい気分)を逃したら
おそらく製作することなく朽ちていくであろう機体を選択することにしちゃいました。

ただ、物がものだけに
とにかくサクサクッと作業を進めて早期の完成を目指したいと思ってます。

キットが単純な構造になってますし
早けりゃ今年中になんて考えてたりもするんですけど
はてさてどうなるんでしょうね (^_^;)

2018年11月19日月曜日

18/11/19の更新分

キョ~~~~ッ!

もうちょっとで1機完成しますので
今日は次にスタートする製作記を公開しようかと思ってたんですけど



なんかやることが色々あって・・・・断念

(´・ω・`) トホホ~・・・・

2018年11月15日木曜日

18/11/15の更新分

おもしろいのを見つけましたと
レビさんがクリアファイルを送ってくださいました。

で、封筒が到着し、中身を見てみたら



ウホッ♪

同一スケールの上面図なので、機体の大きさがムッチャ良く分かり
(撮影が斜めになって少しスケール感が狂っちゃってますが)



なんか大うけしちゃいました♪

え?なんでうけるのって
アハハハハ
C-1とC-2って、写真で見ると姿が似た感じなので



だいたいC-1が「体を作った一般人」とすると
C-2が「お相撲さん」位ってイメージだったんですけど
実際は北斗の拳における「山のフドウ」くらいガタイに違いがありましてね
想像していたサイズ感とのあまりの違いに



こんなんなっちゃったんですよ(笑)

まぁ~一般の方には何が面白いのかサッパリだと思うんですけど(汗)
とにかくC-2に凄く興味が出てきましたので
アオシマさんが開発中という1/144スケールのC-2輸送機
ム~~~~~~ッチャクチャ楽しみになってきちゃいました♪

さて、実は送っていただいたクリアファイルには
海上自衛隊バージョンもあったのですが



こうして見ると「いずも型護衛艦」ってやっぱデカイのね (^_^;)

2018年11月13日火曜日

18/11/13の更新分

プラ製のピトー管にエッチングの風向計を接着する作業があったのですが



よくありますよね、こういう接着面が極小の組み立てって(笑)

で、普通に接着するだけではすぐにポロリといってしまいそうなので
本体を真鍮パイプに変換し
そこにエッチングをハンダ付けするようにしてみました。





とりあえず引っ付けることは出来たのです・・・・が





いやぁ~っハンダ付けって難しいですね (^_^;)

そのままじゃまずいので何度もやり直し(泣)
そうこうしているうちに
なんとな~くですがコツのようなものを掴むことが出来て
とりあえず「まぁ~これでええやろ」って感じには仕上がってくれました

でもこういうカンって、続けてやんないと体に叩き込まれないので
すぐに忘れちゃうんだよなぁぁぁぁ・・・・・(泣)


2018年11月9日金曜日

18/11/09の更新分




(;^_^) と・・・突然なにごとぞっ?!

とビックリされたと思いますが
実はMH-53が予想以上に面倒なキットで
しょっちゅうこんな状況になっちゃうんですよね。

まぁ~そこはほら、イタレリ製キットですから
そういったものも含めて楽しめば良いって話ではあるのですが(笑)

そういえば、「NOSTEP」って言うサイトで
このキットのムッチャ綺麗な作例を掲載されているんですけど
自分で作ってこそ分かるその凄さ・・・・

そこの管理人さんって
派手さはないけどムチャクチャ丁寧で美しい作例を製作されるかたで
すごく役に立つサイトだったんですけど
なんか更新が長い間止まっちゃっておりまして



オカメが出戻った時に凄く役に立ったサイトとかが
閉鎖や放置状態になってたりすると・・・・
なんとも寂しくなっちゃいますね(泣)

さて、この前のモデフェスで見た作例の影響により
なんか中国軍機にムラムラして手持ちの在庫を確認したところ



たしかJ-15を作った頃だったかに色々買い集めたような気がするんですけど
思っていたより色々と在庫していたようで
自身の「森のリス並み」の記憶力にビックリドッキリしちゃいました(笑)

で、製作中のJ-20が
塗装作業に掛かっている&凄く組みやすいので
次の中国軍機を製作スタートしよっかな・・・・と
現在思案中なので~あります♪

2018年11月5日月曜日

18/11/05の更新分 大阪モデラーズフェスティバル2018 その2

今回はモデラーズフェスティバル2018のレポート後編です (^^ゞ

エアモデルに関しては少数ながらグッとくる作品が多かった2018年
最終回の今日は、その中でもオカメが特に気になった作品の写真と
チョッと感動した「出来事」を掲載してみようと思います (^^ゞ

まず色々な作品の中で、見た瞬間

今回も写真をクリックすると1024×768で見ることができます



こんな感じになっちゃった作品が、この3機







全て同じ方が製作されているんですけど
ツボにはまる仕上げ・・・・とでも言いましょうか
丁寧な工作に塗装、ウェザリング
まさにオカメ好みで「渋さ」の極致!

特にJL-9は凄っごくカッコよくってもう~~~~
ほんと、自分でも作りたくなってきちゃったんですけど
この機体って72で出ていないみたいなんですよね(泣)

しかたがないので、替わりに他の中国機を製作しようかと
手持ちのキットを物色していたんですけど・・・・

(;^_^) 良く考えたら現在J-20を製作中なのよねん

あはははは
とにかくJ-20を早く仕上げて
次の機体に取り掛かれるようにしたいと思っております(汗)

さて、ラストに控えますのは
モデルアートの卓の上に置いてあり、遠目でチラリと発見した瞬間



猛ダッシュで突っ走ってしまった



これら池田始氏の作品群!

ヽ(*`Д´)ノ フオォォォォ~~~~~ッ!

特に肉眼で見たかった





塗装で仕上げられたデジタル森林迷彩ファントムの美しさには

(*゚∀゚)=3 クッハァァァ~~~~~ッ!

そして自衛隊機では無いですが
こちらもムチャクチャ気になっていた







このファントム、なにが凄いって
工作や塗装、ウェザリングが凄いのはあたりまえ。
さらにこういった



キャノピーや主翼の開閉ギミックがあるんですけど
一番のポイントはその精度!

前の写真を見ていただければ分かると思いますが
閉めてる時のパチピタ感&ヒンジ辺りの処理や



外翼可動部のロック部分が、閉めた時にカチリと勘合するところなんて
もう・・・・もう・・・・・



ええ年したオッサンが興奮しちゃってまぁ~
キャッキャウフフと大騒ぎ(笑)

あはははは、お恥ずかしいかぎりでございます (^^ゞ

ま、そんなわけで
誌面の写真でしか見れなかった作品を(さらに可動箇所も)
肉眼でみることが出来るなんて思いもしませんでしたので
これは嬉しいサプライズといいますか
とにかく、池田氏とモデルアートには感謝感謝感謝ですね♪

さて、これにて2018年のホビフェス&モデフェスのレポートは終了です。

プラモデルって写真じゃ~伝わらないことが多いので
地元大阪で「生で見れる」機会があるっていうのは凄く

(●^o^●)ありがてぇぇぇ~~~~♪

ことなので
ホビフェス&モデフェス両運営の方々や
参加されているモデラーの方々や企業には、ぜひともがんばっていただき
静岡、東京と肩を並べるほどのイベントに育てていって欲しいですね。

ってことで関係者の皆様、今年も楽しませていただきまして

ヽ(*`Д´)ノ ありがとぉぉぉぉ~~~~っ!

来年もお願いしますね♪

2018年11月1日木曜日

18/11/01の更新分 大阪モデラーズフェスティバル2018 その1

さて、前回はホビフェスを書かせてもらいましたが
今回は南港で同時開催されていた「モデラーズフェスティバル2018」
これのレポートというか、個人的に




と気になった作品の写真なんかを
感想をまじえてつらつらと並べていきたいと思います。

まずは当日の会場入り口の写真



な~~~んか毎年ここにくると緊張しちゃうんですよね(笑)

で、ドキドキしながら展示作品を見ていくんですけど
やっぱキャラ物が多い・・・・っていうか、むちゃくちゃ多い!

正直、キャラ物までしっかり見て回るのは無理なので
キャラ物に関してはオカメが気になる作品だけをあげさせていただきますと

ここから先の写真は、クリックすると1024×748で見れますぞ!



( ̄∇ ̄) 連合宇宙軍重巡洋艦 コルドバ

たしかガレージキットを製作されたと書かれていたと思うんですけど
その工作、塗装が素晴らしいのはもちろん
内臓された電飾が作品のイメージをガンガンかもし出しており
もう~~~~~最高!

そういえば、ハセガワさんからクリエイターワークスで
「ファイター1」が発売されるという話を聞きましたが
(ホビフェスで試作展示もされてました)
はたして売れ行きは・・・・どうなるんでしょうね(汗)



こちらは懐かしの大ヒットゲーム・グラディウスより
宇宙戦闘機「ビッグバイパー」!

電飾+エレベータ+天井のハッチオープンと
光と動きで見せる作品ながら、塗装や工作自体も光り輝くカッコイイ作品でした。

で、オカメが超~~~~~~期待していた
ワンコロ氏のジオラマはと言いますと



あはははは、まぁ~あれだけの作品をホイホイ作れってのが
チョッとどうかって話なんですけどね(笑)

で、代わりに展示されていた前の作品



マクロス要塞艦と



キリシマのジオラマの2点が展示されていたんですけど
初見の方も多かったようで、ワォ!ワォ!ワ~~~ォ!

前にも書きましたが、まだ見たことが無い人
特にオッサン世代の方(笑)には是非!見て欲しい作品でありまして
これは

ヽ(*`Д´)ノ ・・・マジ狂ってるレベルです(褒め言葉)

さてこのイベント、スケール物はどちらかと言えば少数派って感じなのですが
その分、展示されている作品には
濃~~~~~~~~~~い物が多かったりするんですよね (^^ゞ

ってことで次からはスケール物で気になった作品を
何点か上げていきたいと思います。

まずは戦車関係では



たしか1/6だったかな?
とにかく超巨大で大迫力のティーガーとヘッツァー!

スクラッチだそうですけど
ここまで来ちゃうと模型と言って良いんでしょうか(笑)



お船は海自、金剛の一般公開のジオラマ

作者の方から「アオリ」で見ると萌えますよと言われ
目線を下げた状態の写真を撮ったんですけど



(´;ω;`) ・・・・・・・・・あかんやん

肉眼で見るとムチャクチャ最高だったんですけど
う~~~ん・・・・写真って難しいね(泣)

カー&バイクからは





ファルコラスティコ

今見てもカッコイイよなぁぁぁぁぁ~
ちなみに、ネタに使われているマンガ作品を
オカメが好きってところも影響大かな?

あれ、毒が効いてて面白いんですよね (^^ゞ

さて、ここからはオカメのホーム
飛行機関係の写真を上げていきたいと思います。
作品数こそ少なかったですが
それを補ってあまりある内容のオンパレードでありました♪

まずは入ってすぐの所に展示してあり
「今年はい・け・る・ぜっ!」
と一気に期待値を上げてくれた


1/48の作品が4機
派手すぎずスッキリとした汚しがカッコ良かったですね



こちらはオカメの大好物、1/72スケール・エリア88の
F-5Eとタイガーシャーク!



クオォォォ・・・・・・
空自50周年の白ファントムが美しいっ!

前に一度作ったことがあるのですが
また作りたくなってきちゃいますねぇ



陸海空の日の丸オスプレー!

ネタだけってんじゃなく、工作、塗装も一級品!
くぅ~~~~~っ・・・・・イカスッ!



たまごヒコーキのフランカー
なにげに入ってる日の丸アグレッサー機にニヤリ(笑)



プロモデラー柳井氏の卓では有志の作品を展示していたんですけど
さすがに飛行機が多いですね (^^ゞ

あとは、派手さは無いけど渋かった


アカデミー製の「シュペルエタンダール」


古い1/72スケールキットなのですが
なにげに良い仕事をされている所にビビビッときちゃいますね♪

あとは飛行機関係で特に気になる作品が何点かあったんですけど
今回はちょっと写真が多くなっちゃったので
続きは次回とさせてもらいますね。

( ̄∇ ̄) ではでは

最新の更新履歴

12.13 TOPページを更新
11.12 製作中のJ-8II(殲撃八型II)戦闘機を更新
11.11 製作中のVF-22S “マクロス7”を更新
11.10 製作中のヴォート A-7E コルセアⅡを更新