2018年11月15日木曜日

18/11/15の更新分

おもしろいのを見つけましたと
レビさんがクリアファイルを送ってくださいました。

で、封筒が到着し、中身を見てみたら



ウホッ♪

同一スケールの上面図なので、機体の大きさがムッチャ良く分かり
(撮影が斜めになって少しスケール感が狂っちゃってますが)



なんか大うけしちゃいました♪

え?なんでうけるのって
アハハハハ
C-1とC-2って、写真で見ると姿が似た感じなので



だいたいC-1が「体を作った一般人」とすると
C-2が「お相撲さん」位ってイメージだったんですけど
実際は北斗の拳における「山のフドウ」くらいガタイに違いがありましてね
想像していたサイズ感とのあまりの違いに



こんなんなっちゃったんですよ(笑)

まぁ~一般の方には何が面白いのかサッパリだと思うんですけど(汗)
とにかくC-2に凄く興味が出てきましたので
アオシマさんが開発中という1/144スケールのC-2輸送機
ム~~~~~~ッチャクチャ楽しみになってきちゃいました♪

さて、実は送っていただいたクリアファイルには
海上自衛隊バージョンもあったのですが



こうして見ると「いずも型護衛艦」ってやっぱデカイのね (^_^;)

2018年11月13日火曜日

18/11/13の更新分

プラ製のピトー管にエッチングの風向計を接着する作業があったのですが



よくありますよね、こういう接着面が極小の組み立てって(笑)

で、普通に接着するだけではすぐにポロリといってしまいそうなので
本体を真鍮パイプに変換し
そこにエッチングをハンダ付けするようにしてみました。





とりあえず引っ付けることは出来たのです・・・・が





いやぁ~っハンダ付けって難しいですね (^_^;)

そのままじゃまずいので何度もやり直し(泣)
そうこうしているうちに
なんとな~くですがコツのようなものを掴むことが出来て
とりあえず「まぁ~これでええやろ」って感じには仕上がってくれました

でもこういうカンって、続けてやんないと体に叩き込まれないので
すぐに忘れちゃうんだよなぁぁぁぁ・・・・・(泣)


2018年11月9日金曜日

18/11/09の更新分




(;^_^) と・・・突然なにごとぞっ?!

とビックリされたと思いますが
実はMH-53が予想以上に面倒なキットで
しょっちゅうこんな状況になっちゃうんですよね。

まぁ~そこはほら、イタレリ製キットですから
そういったものも含めて楽しめば良いって話ではあるのですが(笑)

そういえば、「NOSTEP」って言うサイトで
このキットのムッチャ綺麗な作例を掲載されているんですけど
自分で作ってこそ分かるその凄さ・・・・

そこの管理人さんって
派手さはないけどムチャクチャ丁寧で美しい作例を製作されるかたで
すごく役に立つサイトだったんですけど
なんか更新が長い間止まっちゃっておりまして



オカメが出戻った時に凄く役に立ったサイトとかが
閉鎖や放置状態になってたりすると・・・・
なんとも寂しくなっちゃいますね(泣)

さて、この前のモデフェスで見た作例の影響により
なんか中国軍機にムラムラして手持ちの在庫を確認したところ



たしかJ-15を作った頃だったかに色々買い集めたような気がするんですけど
思っていたより色々と在庫していたようで
自身の「森のリス並み」の記憶力にビックリドッキリしちゃいました(笑)

で、製作中のJ-20が
塗装作業に掛かっている&凄く組みやすいので
次の中国軍機を製作スタートしよっかな・・・・と
現在思案中なので~あります♪

2018年11月5日月曜日

18/11/05の更新分 大阪モデラーズフェスティバル2018 その2

今回はモデラーズフェスティバル2018のレポート後編です (^^ゞ

エアモデルに関しては少数ながらグッとくる作品が多かった2018年
最終回の今日は、その中でもオカメが特に気になった作品の写真と
チョッと感動した「出来事」を掲載してみようと思います (^^ゞ

まず色々な作品の中で、見た瞬間

今回も写真をクリックすると1024×768で見ることができます



こんな感じになっちゃった作品が、この3機







全て同じ方が製作されているんですけど
ツボにはまる仕上げ・・・・とでも言いましょうか
丁寧な工作に塗装、ウェザリング
まさにオカメ好みで「渋さ」の極致!

特にJL-9は凄っごくカッコよくってもう~~~~
ほんと、自分でも作りたくなってきちゃったんですけど
この機体って72で出ていないみたいなんですよね(泣)

しかたがないので、替わりに他の中国機を製作しようかと
手持ちのキットを物色していたんですけど・・・・

(;^_^) 良く考えたら現在J-20を製作中なのよねん

あはははは
とにかくJ-20を早く仕上げて
次の機体に取り掛かれるようにしたいと思っております(汗)

さて、ラストに控えますのは
モデルアートの卓の上に置いてあり、遠目でチラリと発見した瞬間



猛ダッシュで突っ走ってしまった



これら池田始氏の作品群!

ヽ(*`Д´)ノ フオォォォォ~~~~~ッ!

特に肉眼で見たかった





塗装で仕上げられたデジタル森林迷彩ファントムの美しさには

(*゚∀゚)=3 クッハァァァ~~~~~ッ!

そして自衛隊機では無いですが
こちらもムチャクチャ気になっていた







このファントム、なにが凄いって
工作や塗装、ウェザリングが凄いのはあたりまえ。
さらにこういった



キャノピーや主翼の開閉ギミックがあるんですけど
一番のポイントはその精度!

前の写真を見ていただければ分かると思いますが
閉めてる時のパチピタ感&ヒンジ辺りの処理や



外翼可動部のロック部分が、閉めた時にカチリと勘合するところなんて
もう・・・・もう・・・・・



ええ年したオッサンが興奮しちゃってまぁ~
キャッキャウフフと大騒ぎ(笑)

あはははは、お恥ずかしいかぎりでございます (^^ゞ

ま、そんなわけで
誌面の写真でしか見れなかった作品を(さらに可動箇所も)
肉眼でみることが出来るなんて思いもしませんでしたので
これは嬉しいサプライズといいますか
とにかく、池田氏とモデルアートには感謝感謝感謝ですね♪

さて、これにて2018年のホビフェス&モデフェスのレポートは終了です。

プラモデルって写真じゃ~伝わらないことが多いので
地元大阪で「生で見れる」機会があるっていうのは凄く

(●^o^●)ありがてぇぇぇ~~~~♪

ことなので
ホビフェス&モデフェス両運営の方々や
参加されているモデラーの方々や企業には、ぜひともがんばっていただき
静岡、東京と肩を並べるほどのイベントに育てていって欲しいですね。

ってことで関係者の皆様、今年も楽しませていただきまして

ヽ(*`Д´)ノ ありがとぉぉぉぉ~~~~っ!

来年もお願いしますね♪

2018年11月1日木曜日

18/11/01の更新分 大阪モデラーズフェスティバル2018 その1

さて、前回はホビフェスを書かせてもらいましたが
今回は南港で同時開催されていた「モデラーズフェスティバル2018」
これのレポートというか、個人的に




と気になった作品の写真なんかを
感想をまじえてつらつらと並べていきたいと思います。

まずは当日の会場入り口の写真



な~~~んか毎年ここにくると緊張しちゃうんですよね(笑)

で、ドキドキしながら展示作品を見ていくんですけど
やっぱキャラ物が多い・・・・っていうか、むちゃくちゃ多い!

正直、キャラ物までしっかり見て回るのは無理なので
キャラ物に関してはオカメが気になる作品だけをあげさせていただきますと

ここから先の写真は、クリックすると1024×748で見れますぞ!



( ̄∇ ̄) 連合宇宙軍重巡洋艦 コルドバ

たしかガレージキットを製作されたと書かれていたと思うんですけど
その工作、塗装が素晴らしいのはもちろん
内臓された電飾が作品のイメージをガンガンかもし出しており
もう~~~~~最高!

そういえば、ハセガワさんからクリエイターワークスで
「ファイター1」が発売されるという話を聞きましたが
(ホビフェスで試作展示もされてました)
はたして売れ行きは・・・・どうなるんでしょうね(汗)



こちらは懐かしの大ヒットゲーム・グラディウスより
宇宙戦闘機「ビッグバイパー」!

電飾+エレベータ+天井のハッチオープンと
光と動きで見せる作品ながら、塗装や工作自体も光り輝くカッコイイ作品でした。

で、オカメが超~~~~~~期待していた
ワンコロ氏のジオラマはと言いますと



あはははは、まぁ~あれだけの作品をホイホイ作れってのが
チョッとどうかって話なんですけどね(笑)

で、代わりに展示されていた前の作品



マクロス要塞艦と



キリシマのジオラマの2点が展示されていたんですけど
初見の方も多かったようで、ワォ!ワォ!ワ~~~ォ!

前にも書きましたが、まだ見たことが無い人
特にオッサン世代の方(笑)には是非!見て欲しい作品でありまして
これは

ヽ(*`Д´)ノ ・・・マジ狂ってるレベルです(褒め言葉)

さてこのイベント、スケール物はどちらかと言えば少数派って感じなのですが
その分、展示されている作品には
濃~~~~~~~~~~い物が多かったりするんですよね (^^ゞ

ってことで次からはスケール物で気になった作品を
何点か上げていきたいと思います。

まずは戦車関係では



たしか1/6だったかな?
とにかく超巨大で大迫力のティーガーとヘッツァー!

スクラッチだそうですけど
ここまで来ちゃうと模型と言って良いんでしょうか(笑)



お船は海自、金剛の一般公開のジオラマ

作者の方から「アオリ」で見ると萌えますよと言われ
目線を下げた状態の写真を撮ったんですけど



(´;ω;`) ・・・・・・・・・あかんやん

肉眼で見るとムチャクチャ最高だったんですけど
う~~~ん・・・・写真って難しいね(泣)

カー&バイクからは





ファルコラスティコ

今見てもカッコイイよなぁぁぁぁぁ~
ちなみに、ネタに使われているマンガ作品を
オカメが好きってところも影響大かな?

あれ、毒が効いてて面白いんですよね (^^ゞ

さて、ここからはオカメのホーム
飛行機関係の写真を上げていきたいと思います。
作品数こそ少なかったですが
それを補ってあまりある内容のオンパレードでありました♪

まずは入ってすぐの所に展示してあり
「今年はい・け・る・ぜっ!」
と一気に期待値を上げてくれた


1/48の作品が4機
派手すぎずスッキリとした汚しがカッコ良かったですね



こちらはオカメの大好物、1/72スケール・エリア88の
F-5Eとタイガーシャーク!



クオォォォ・・・・・・
空自50周年の白ファントムが美しいっ!

前に一度作ったことがあるのですが
また作りたくなってきちゃいますねぇ



陸海空の日の丸オスプレー!

ネタだけってんじゃなく、工作、塗装も一級品!
くぅ~~~~~っ・・・・・イカスッ!



たまごヒコーキのフランカー
なにげに入ってる日の丸アグレッサー機にニヤリ(笑)



プロモデラー柳井氏の卓では有志の作品を展示していたんですけど
さすがに飛行機が多いですね (^^ゞ

あとは、派手さは無いけど渋かった


アカデミー製の「シュペルエタンダール」


古い1/72スケールキットなのですが
なにげに良い仕事をされている所にビビビッときちゃいますね♪

あとは飛行機関係で特に気になる作品が何点かあったんですけど
今回はちょっと写真が多くなっちゃったので
続きは次回とさせてもらいますね。

( ̄∇ ̄) ではでは

2018年10月30日火曜日

18/10/30の更新分 大阪ホビーフェスティバル2018

2018年10月、大阪の南港にて「大阪ホビーフェス」と「モデラーズフェスティバル」
両イベントが開催されることになりました。

開催日がモデフェス27.28日、ホビフェス28日のみでしたので
28の日曜日、軽いサイクリングをかねて
(南港ってぐるっと南側から回らないといけないのよね(泣))
チャリで南港の両会場へGO!

少し強い向かい風でしたが


テンションの高さがペダルに伝わって、向かい風もなんのその

吹き付ける秋風の、なんと心地よいことよ

あはははは
気力って大きいね(笑)

さて、こうして南港に到着
最初にモデフェス、次にホビフェスと言う順で会場を回ったのですが
今回は個人的理由で掲載順を逆にさせてもらいたいと思います。
(モデフェスの方が書くことが多いので・・・すいませんね)

昨年は中央区のマイドームおおさかで開かれていたホビフェスですが


今年開催されるのは、大阪南港にある「インテックス大阪」
昨年よりハコが大きくなったぶん、期待値も大きくなりますね。

ってことで会場にイン!
フオォォォ・・・・・中々の盛況ですな (^_^;)

今年は自衛隊の広報が出ていたりと
規模的に大きくなった感があって良きかな良きかな♪

で、ウヒウヒ言いながら会場を回っていると、なにやら人だかりがありまして
「いったいなんぞ?」とのぞいて見たら
長谷川迷人が現用ロシア機のデジタル迷彩塗装を実演講習してるじゃないですか!

こ・・・・これは見たい・・・・と、思ったのですが


あうう・・・・人が多すぎて見えないよ(泣)
オマケに会場がうるさすぎて会話もよく聞き取れないしぃぃぃ~~~っ

ってことで、しかたがないので次はメーカーの展示ブースをブラブラブラ

う~~~~ん・・・色々あったんですけど
全部書いてたらここだけで大変なことになっちゃうので
特にオカメ的にビビビッときた製品だけ挙げておきますね


まずはクレオスから発売されることになった特色!
この中で特に注目なのは
自衛隊機ぷらも神、あきやま氏監修の洋上迷彩特色セットが
な、な、なんと!単品ばら売りしてもらえるようになったこと!

これから自衛隊機を作りたいという方やお子さんには
凄くありがたいんじゃないでしょうか。

ヽ(*`Д´)ノ えらいぞ!クレオス!!


さらに、少し前に生産終了になったスーパーメタリックが
「2」になって発売されるとのこと!

高かった旧製品を買いだめしたオカメ的にはチョッと

(´;ω;`) おいおいおい!

な話ではありますが(笑)
凄く使いやすい良い塗料が、だれでも楽に入手出来るようになるのだから
まぁ~それはそれで良しとしておきましょう

次はプラッツさんとハセガワさんが組んで発売することになった


「レスキューウイング・よみがえる空」のUH-60J!
洋上迷彩もカッコイイんですけど
白黄の旧塗装もムチャクチャカッコイイんだよなぁぁぁ~~♪

最後に、プラッツといえば・・・・そう!


(●^o^●) 航空自衛隊T-1Bジェット練習機!

いやぁ~~~っ・・・・長かった
・・・・・長かったなぁ~~~~(笑)

そら~タミヤみたいに「文句無し!なキット」とかを求めちゃうと
多少辛い面があるのはいなめませんが
とうの昔に退役した自衛隊の練習機を
今の目で見ても立派なキットとして製品化してくれたってんだから
(しかも72スケールで♪)
もう~~~感謝、感謝、感謝、それしか出てこないですよね!

あ゛あ゛あ゛~~~~っ!
早く発売になんねえかなぁぁぁ~~~~~っ!!

と、まぁ~こうして長年の夢だった富士T-1の新キットを
肉眼でみることが出来て
超~~~~~ウキウキ気分で会場を後にしたのですが
隣の会場でなにかマンガだかアニメだかのイベントをやっているようで
(コスプレがどうとか書いてあったので)
おもしろそうなのでチョッと覗いてみたところ・・・



右も左も女子、女子、女子(汗)
(後で調べたら、女子向けの同人誌即売会だったみたいです)

なんかこう・・・・汚いオッサンが入ったらアカン「空間」に
足を踏み込んでしまったような気になって
ズゾゾゾゾ・・・・・と後ずさりして
負け犬のように逃げ帰ってきちゃったんですけど


あの中に入って見学することも出来ただろうに・・・・

ううう・・・・神は不公平なのであります(泣)

ってことで今日はここまで
次回はモデフェスなんですけど・・・
書くこと(載せたい写真も)が多いので
前後編、2回くらいに分けて掲載しようかと思っとります (^_^;)

最新の更新履歴