2016年6月19日日曜日

16/6/19の更新分

さて、この「ファイナルカウントダウン」という映画
実機のトムキャットがやたらとカッコよく映されているのですが
その中でも特にグッとくるのが



可変翼を畳みながら加速するこのシーン (^^ゞ

劇中では
「悪逆非道の日本海軍機(零戦)に
米海軍の最新鋭機が正義の鉄槌をくらわすのだ!」
「U・S・A!U・S・A!!U・S・A!!!」

ってな感じで、日本人としてはチョッと複雑な面もあったりはするのですけども
やはり勇ましい音楽に合わせ、トムキャットが翼をグッと収納して
「おれ、今から本気だす!」
モードに突入するシーンは、やはり燃えてきちゃうわけで(汗)

これはやはり可変翼ならではの見栄えの良さといいましょうか
う~~ん・・・その~なんていうか、一言で言うと



そう!
可変翼はロマン、漢(おとこ)のロマンなのです ( ̄∇ ̄)

ん・・・・・あっ!・・・そ・・・・そうか!!
今やってるマクロスΔのVF-31って、VF-25の時のように
ビビビビッ!とくるものがないんですけど
これが理由だったのか!

やはりオッサンは前進翼<可変翼ってことなんでしょうね(笑)

あと、トムキャットを完成&映画を見たら
やたらと当時の海軍機がカッコよくなってきちゃいまして
現在オカメの頭は
「U・S・A!U・S・A!!U・S・A!!!」(笑)

オカメより少し上の世代の方って
この頃の米海軍機に並々ならぬ情熱を燃やす方がいらっしゃいますが
そりゃ~こういうのを見てたら好きになっちゃいますよねぇぇぇぇ~~~~



ってことで、え~~~っと・・・・・
まぁ~作りかけのキットが山ほど残ってはいるのですが
その~・・・・・は・・・・・はは・・・・・

「ユ・・・U・S・A!U・S・A!!U・S・A!!!」
(もうええっちゅうねん(笑))

・・・・・・ま、プラモはノリと勢いが大事ってことで、以下次号 (^_^;)


最新の更新履歴

10.17 TOPページを更新
10.16 製作中のVF-31Aカイロスを更新