2016年6月28日火曜日

16/6/28の更新分

久々のヒットとなったNHK大河ドラマ「真田丸」

三谷さんの本ですからドラマ的に面白いのはもちろん
オカメが好きな俳優さんが多く出演されてたりするので
毎週欠かさず、楽しみにしているんですよね (^^ゞ

さて、そんな真田丸ですが
今週の放送内で石田三成を演じる山本耕史さんが



ウホッ!!いい男たち(笑)

バッ!と鍛えた上半身を露出して
お茶の間の奥さん方へサービスサービスゥ~ッ(笑)

人気絶好調により作り手側もノリノリなのか
なんだか最近ハッチャケ感が凄いですね (^^ゞ

で、山本さんってなんで鍛えてるのかな?と思い
ちょっと検索してたら・・・・・

( ̄∇ ̄) ヌオオッ!・・・・凄いの発見!!







(´;ω;`) クゥ~~~~ッ・・・・ええセンスしとる!

♪武将と~言えば三成~っ1560滋賀県うまれ♪

クオォォ・・・や・・やばい・・・脳内再生が止まりません(笑)

ほんと、チープで昭和感バリバリのノリが素晴らしいですね
なんか佐和山城(跡)に行きたくなってきちゃいました

滋賀県・・・・・やるなぁ~ (^_^;)

2016年6月26日日曜日

16/6/26の更新分

うひょひょ~~っ!
エリア88、風間真仕様のF-5EタイガーⅡ

完成で~~っす(●^o^●)


はい、ド~ン!

いやぁ~~~っ
やっぱエリア88ネタは良いよね♪

特にF-5系の機体はカッコイイのでチョッとウキウキ
・・・・に、なれれば良かったのです・・・が(汗)

元のキットが凄くアッサリとしていますので
(実はそれ以外の問題の方が大きいんですけどね(笑))
塗装でカバーしようと思ったんですけど
ご覧の通り、チョッとメリハリが無いというかなんというか・・・

ううう・・・今回このキットを作ったことにより
タイガーⅡのベストキットが無い辛さを思いっきり実感させられました(泣)


な~んて泣き言ばかり言ってると
「なにヌルイこと言うとんねん
そんなん自分で改造したらええやんけ!」
などと、ベテランモデラー諸氏から怒られちゃいそうですね (^_^;)

ところで、実はこのF-5のアップは今朝に終わっておりまして
今日はもう一つ製作記の更新をしようと思っていたのですが


夕方から作業を始めたところ、興に乗って気が付けばこんな時間に・・・・・

ヽ(*`Д´)ノ ワ~オ!なんてこったい!!

2016年6月25日土曜日

16/6/24の更新分

画像掲示板の方で、MA別冊アグレッサー本のリサーチをしています
(出るかどうかは分かりませんが)
欲しい方はとりあえず希望を書いとけぇぇぇぇ~~っ!

いやぁ~っ久しぶりに見た「ファイナルカウントダウン」ですが
やっぱ飛行機好きにはタマラン映画ですね (^_^;)

もう何度も見てはいるんですが(汗)
今回トムキャットを完成させたことと相まって
最後のエンディングロールの映像を見ながら



もう~~~~興奮しまくリング(笑)

チョッと前に中国の「遼寧」からJ-15が発着艦する動画を見て
クウッ・・・・悔しいけどカッコエエやんけ!
な~んて思っていたのですが(ハセガワのJ-15も作っちゃいましたしね)
映画の中で出てくる当時の米空母に艦載機!
やはり「役者が違う」・・・・と言いましょうか



「かわいがり」をしてもらっている新弟子と幕内力士くらいと言いますか
もう全っっっ然「格」が違ってるんですよね

(;^_^) ほんと・・・・・凶悪な映画だわ(笑)

ま、この辺りは年齢によって違いが出てくると思うのですが
オカメは完全にハートをやられてしまいまして

・・・・・・ジャジャジャン!

(●^o^●) 新たにキットを製作することになりました♪

まずは第一弾としてF-14トムキャット。
え?この前作ったのと一緒やんって
ははは・・・・ま、その辺は製作記の方を見てもらうとしまして
でもよく言うでしょ
「プラモは作りたい時が作り時」って(汗)



い・・・・いちおう新たに一機ロールアウトしますし
(これもオッサン感涙の機体だったりして(笑))
トータルでは減ってはいるん・・・・・ですけど

(;^_^) やっぱ多いよなぁ~・・・・

とりあえず、残りの機体も上げていきますので
米艦載機好きは

ヽ(*`Д´)ノ 乞うご期待!!

なのだ!

2016年6月22日水曜日

16/6/22の更新分

この前、買い物ついでに久しぶりに日本橋へ行ったところ



ボークスさんの工具コーナーに新製品の紹介パネルが掛けておりまして
そこには細切りテープを貼りつけたカーモデルのボディーが・・・

え~っと・・・・なになに
普通のテープだとカーブさせるとシワがよっちゃいますが
このテープは伸縮性によって綺麗にフィットしてくれるとのこと

(*゜3 ゜) なるほど、タミヤの曲線用テープみたいなもんか

なんか結構~良さそうな感じなので



とりあえず一つ買ってみました (^^ゞ

で、うちに帰って早速使ってみたところ



いやいやいや、こりゃ~いけるんじゃないのぉ~?

素材が柔軟な上に貼り付く力がそこそこ強いため
綺麗な曲線が凄く出しやすいんですよね。

幅が19mmとチョッと太めになっていますが
自分でカットすることにより調整がききますから
オカメ的にはかえって便利♪

最近は製作のスタイルが安定してきておりまして
新しい工具やマテリアルを使うことがめっきり減っていたんですけど
長時間放置した時の「テープの剥がれ」や「ノリの残り」等が無ければ
久々の「一軍選手、新登場!」になる可能性が高そうです (^^ゞ

あ、そうだ
新しい製作記をスタートする予定だったんですけど
チョッとバタバタしておりまして・・・・

掲載用の写真は撮ってますし
と・・・とりあえず今から記事を書いていきますんで
次の更新時には立ち上げできる・・・・・

(;^_^) ・・・はず・・・・・(汗)

2016年6月19日日曜日

16/6/19の更新分

さて、この「ファイナルカウントダウン」という映画
実機のトムキャットがやたらとカッコよく映されているのですが
その中でも特にグッとくるのが



可変翼を畳みながら加速するこのシーン (^^ゞ

劇中では
「悪逆非道の日本海軍機(零戦)に
米海軍の最新鋭機が正義の鉄槌をくらわすのだ!」
「U・S・A!U・S・A!!U・S・A!!!」

ってな感じで、日本人としてはチョッと複雑な面もあったりはするのですけども
やはり勇ましい音楽に合わせ、トムキャットが翼をグッと収納して
「おれ、今から本気だす!」
モードに突入するシーンは、やはり燃えてきちゃうわけで(汗)

これはやはり可変翼ならではの見栄えの良さといいましょうか
う~~ん・・・その~なんていうか、一言で言うと



そう!
可変翼はロマン、漢(おとこ)のロマンなのです ( ̄∇ ̄)

ん・・・・・あっ!・・・そ・・・・そうか!!
今やってるマクロスΔのVF-31って、VF-25の時のように
ビビビビッ!とくるものがないんですけど
これが理由だったのか!

やはりオッサンは前進翼<可変翼ってことなんでしょうね(笑)

あと、トムキャットを完成&映画を見たら
やたらと当時の海軍機がカッコよくなってきちゃいまして
現在オカメの頭は
「U・S・A!U・S・A!!U・S・A!!!」(笑)

オカメより少し上の世代の方って
この頃の米海軍機に並々ならぬ情熱を燃やす方がいらっしゃいますが
そりゃ~こういうのを見てたら好きになっちゃいますよねぇぇぇぇ~~~~



ってことで、え~~~っと・・・・・
まぁ~作りかけのキットが山ほど残ってはいるのですが
その~・・・・・は・・・・・はは・・・・・

「ユ・・・U・S・A!U・S・A!!U・S・A!!!」
(もうええっちゅうねん(笑))

・・・・・・ま、プラモはノリと勢いが大事ってことで、以下次号 (^_^;)


2016年6月18日土曜日

16/6/18の更新分

完成させたトムキャット繋がりってことで
掲示板の方にネタとして上げられていた「ファイナルカウントダウン」

なんか見てたらムズムズッとしてきちゃいまして
けっきょく全篇視聴することにしちゃいました (^^ゞ

で、実機のトムキャットが登場!
クオォォ・・・・現役時代の動くネコは・・・激渋っ!!



ムムムッ・・・・
映画の中に映っているジョリーロジャースの実機は
意外なほどにツヤが・・・・・無い!?

今回作ったトムキャットは、もう少しツヤがあった方が良かったかな
な~んて思っていたのですが
これはこれで正解だったのかもしれませんね (^_^;)

この頃の米海軍機って少しツヤあるイメージだったのですが
アップで映ると意外とフラットな表面のようで
チョッとビックリというか新たな発見にワクワクというか(笑)

まぁ~なんにせよ



そういえば、今月号のモデルアートの特集は「オーバーコート」
つまり模型における「ツヤ」を取り上げていましたね。

こういう「自ら製作する」という面を主眼にした誌面作りが
オカメが同誌を評価する点だったりするわけです (^^ゞ

あと、先月と今月にインタビューが掲載されている「おおくらとしお」氏
プラモを作ったことの無い方から中級者まで「作ってみよう」と思わせる
ム~~~ッチャクチャ素晴らしい記事を書かれていたのですが
そのあたりの根本というか起点というか
そういう「感じ」のところが分かって凄く面白かったですね。

あっそういえば
「黄金の足跡」って、まだ在庫があるのかな?

お勧めの資料本コーナーに本の内容をレビューしてますので
興味がある方は一度見てみてくださいまし♪

2016年6月12日日曜日

16/6/12の更新分

昨日のホーネットに続き・・・



F-14Aトムキャット、完成で~~~っす

♪ジャジャジャジャ~ジャン
ジャラッジャ~ッ、ジャッジャッジャジャ~ラ
ジャラッジャ~ッ、ジャッジャッジャジャ~ラ♪
(TOP GUNのOPを脳内再生してください(笑))



アッハッハッハッハ
まぁ~トムキャットに「Danger Zone」って定番中の定番なんですけど
オカメの世代て、やっぱこういう時にパッと浮かんできちゃうんですよね(笑)



しっかし、トムキャットはカッコイイよねぇ~
完成した機体をテーブルに置いて
上から横から、そして斜め下から、もう~見る見る見る見る
先の曲をBGMに、ハァハァ言いながら眺めまくり
その姿は・・・・

( ̄∇ ̄) まさに変態!

さて、ちょうど完成したのが同じ米海軍機ってことで
2機並べて置いてみたら・・・・



デカッ!! Σ( ̄口 ̄*)

ホーネットと比べたら、トムキャットってやっぱゴージャス(笑)
対空戦闘用だけにこんなゴッツイ機体を運用してるって
マルチロールが当たり前の今からすると、なんとも凄い話ですよねぇ

さぁ~って、次は何を仕上げてやりましょうか
冬の間に下ごしらえ(塗装以外の作業)をしていますから
あと数機はポンポンと完成・・・・

(  ´ ー`)y-~~ ・・・出来たらいいんだけどなぁ

2016年6月11日土曜日

16/6/11の更新分

ウキョ~~~ッ♪

ハセガワ製、F/A-18Cホーネット



完成で~~っす!!

いやぁ~~っいいねいいね、かっこいいねぇ~

かなり古いキットではありますが、キチンと組み立て&塗装を行えば
こ~~~んなにカッコよく仕上がってくれるんですよ (●^o^●)



「作り」的に時代相応って箇所も多々あったりもしますが
ご覧のように、全体から発する「雰囲気」は悪く無いと思いません?

まぁ~パーツ数のわりに手間はとられちゃいますが(汗)
お値段、入手の容易さ等々を考えたら
初心者の方が練習するのにはちょうど良いかもしれませんね。

矯正しながらの接着やパテを使った段差修正等々
このキットを製作することによって色々と経験することが出来
それらは必ず飛行機模型製作のスキルアップに繋がってくれると思います。

(*´ ω`*) 標準塗装機ならペイントパターンも単純ですしね

さて、ホーネットに続いてもう一機、同時にロールアウトする予定だったのですが
ま、ま、またしても
部品がピ~~~ン・・・・・・

クオォォォ・・・・・(泣)

つい先日J-15でやったばかりなんですが
まぁ~その~・・・お約束というかなんというか
ま、自慢じゃないですが
こういうマヌケなところが面白さに繋がっているんじゃないかと思うんですけど・・・・



・・・・・どうでありましょうか?(笑)

さて、トムキャットの方も、とりあえず機体は完成していますので
明日にはもろもろ全部終了する予定です。

(●^o^●) さぁ~っ やっちゃうよぉ~っ♪

2016年6月9日木曜日

16/6/09の更新分

な~んか書くのがムッチャ遅くなっちゃいましたが(汗)

先週末に購入したキットとは・・・・・





ハセガワさんのNSR500・バリバリ伝説仕様~~~~っ!!

クオォォォッ!
まさかこんなネタをもってくるとは
ハセガワの中の人・・・・・分かってるじゃない♪

オカメって当時はヤマハが好きで、思い入れのあるカラーリングが無いので
「たぶんハセのNSR500は買うことが無いだろうなぁ~」
と、思っていたんですよ

でも、まさかバリ伝仕様で出してくるなんて・・・・
もう~ビックリクリクリクリンビューで拭きましょう♪
そら~~~~~もう
バリ伝直撃世代なら食いついちゃいますよね(笑)



現在、なんかムッチャ作りたい衝動にかられているのですが
飛行機の方だけでいっぱいいっぱいなわけで

(;^_^) う~~~ん・・・・困ったねぇぇぇぇぇ~~~~

あと、オカメが待ちに待っていたYZR500ですが
これのワークス仕様って出ないのかなぁ~
あの白赤のストロボカラーがムッッッッチャクチャ好きなんで
ずっと待っていたんですけど
もう少ししたらラルフ・アンダーソン仕様のが出るみたいなので
チョッと考え中・・・・・

あ、でもあれって外品の「ラッキーストライク」デカールがいるんだよなぁ
たしかタバコの害がどうとかこうとかいう団体・・・
あれ?金(パテント)の問題だったっけ??
ちょっとどちらか忘れちゃったんですけど
どちらにしろ、なんともせちがらい世の中になっちまったものですね(泣)

2016年6月7日火曜日

16/6/07の更新分



ぬおぉぉぉ・・・
現在インコ帝国海軍はご覧の通り
「大変な」ことになっておりまして・・・(笑)

それはなぜかといいますと



これの完成が近づいて
ただ今スパート中というわけです (^^ゞ

実は新しく買ったキットのことも書こうと思っていたのですが
なんかズ~ルズルと遅れてしまい
え~っと、今日は無理だから・・・明日で3日
いや・・・4日になっちゃうのかなぁ~(汗)

ま、とりあえず急いで書こうと思っています。

キットの方も出来れば今週末にはロールアウトしてしまいたいんですけど
・・・・・う~~~ん・・・・

♪でっきる~かなっ、でっきる~かなっ、ハテハテほほ~う♪

(;^_^) ・・・・・できるかな?

2016年6月4日土曜日

16/6/04の更新分

テレビのCMでやっていた「熊本地震被災地支援ドリームジャンボ」ですが
昨日の6/3(金)が最終日ということで



( ̄∇ ̄) 買ってきちゃいました



ま、オカメが当たることなんてまず無いんでしょうけど
買わなきゃ可能性は0ですもんね (^^ゞ

などと、そんなことを言いつつも
当たったら何買おう・・・な~んて考えているあたりがなんともかんとも(汗)

そうそう、話は飛びますが
元ヘビー級のチャンプ、モハメド・アリ氏がお亡くなりになったそうですね

蝶のように舞い、ハチのように刺す!

数々の伝説を作ってきた名ボクサーの死に哀悼の意を表します・・・・



・・・見てる中で分かる人が何人いてるんでしょうか(汗)

ってか
こんなん画いてる間があるんだったら製作記の記事を書けってね

( ̄∇ ̄) ニョホホホホホ

2016年6月1日水曜日

16/6/01の更新分

劇場版ガールズ&パンツァーのBlu-ray & DVDが発売になりましたね。

購入した知人のご好意により
オカメも見せてもらうことになりました (●^o^●)

さぁ~どんな作品になってるのかなぁ~~~♪
ドキドキ・・・・・ドキドキ

お?・・・・・おおお・・・・・おおおお~~~~~~っ!!??



この作品、オカメがハマッたのは
CGで再現された戦車の動きが凄く良かったからなんですけど
なんかTVで放映された時より進化してるっぽいんですよね。

たるんだ履帯が、車体の動きによってウネウネする感じとか
動き始め、車体がワンテンポ置いていかれる感じの重量感とか
やっぱ人気作品の「劇場版」ですから
スタッフもムッチャ気合を入れて作ったのかなぁ~

初っ端の撃ち合いからオープニング曲が掛かるころには
完っっっ璧に、作品に引き込まれてしまいました(笑)

で、その勢いのまま視聴終了。
オカメはといいますと・・・・・







ほんと、ガルパンって良く出来たコンテンツですよね (^^ゞ

こう・・・・ガッときてグワ~~~ンとくるというか
(なに言ってんのか全然意味が分かりませんな(笑))
この作品により戦車のプラモがバカ売れしたそうですが
そこからスケールモデルに興味を持たれた方もいるんじゃないでしょうか

ガルパン、艦コレ(内容を知らないのですが(汗))
アイドルマスターやエースコンバット・・・・
オカメの好きなスケモの世界を広げてくれる
こういう作品がこれからもドンドン出てきてほしいものですね

さて、そんなこんなで戦車を作りたくなってきちゃったんですけど
「飛行機屋」でお手つきが多量に残っている現状では
オカメは・・・・オ・・・・オカメは・・・・た・・・頼む!

(´;ω;`) 俺の屍を越えてゆけ!


しっかし、この劇場版の戦車戦シーン・・・・
ヘッドホンで聞いて「これ」なんだから
4DXの劇場で見たら「えげつない」位に凄いんだろうなぁ(^_^;)

最新の更新履歴