2015年9月20日日曜日

15/9/20の更新分

さて、オカメの写真講座
今回は前回の続き、完成写真の撮影方法を紹介したいと思います。

前回見てもらったように、制作記用の写真は綺麗さよりも
ローコスト、スピーディーさを狙ったものでしたが
完成後に撮る記録用の写真は、よくネット等で見る


こんな感じで「気合」と「コスト」を投入した撮影を・・・・

(;^_^) 行うはずも無く


こんな感じで貧乏臭く(笑)、家にあるものでどうにかしちゃってます (^^ゞ

ちなみにネット等で調べてみると、光源を複数用意するとか
レフ板とかを使って下方からの光を入れた方が良いという記述が多いのですが
少し影があったほうが個人的に本物っぽくなるように感じますので
それらは使用していません。
というか、セッティングが面倒臭いだけなんですけどね

カメラはパワーショットのA720IS
(別にキャノン派って訳ではなく、使うソフトが一つで済むというのが選択理由)
これまた古い機種ですが、ウェブで使う分には十分な性能だと思ってます。

撮影モードは制作記の時と殆ど同じ
絞り優先モード(AV)で露出は大体0か1/3
シャッターの2秒後と(蛍光灯に合わせた)光源の設定以外は
殆ど全てカメラ任せで撮影しています。

カメラってムチャクチャ奥が深いようで
オカメみたいな素人があれこれする位でしたら
メーカー側の設定に任せたほうが綺麗にとれるんですよねぇ・・・・

ただ、こんな感じで手抜きっていうか、操作関係をカメラに任せっきりな分
構図なんかには気を使うようにしています。


こんな感じでカメラを家のTVに有線でつなぎ
大きい画面で構図を確認しつつ機体を動かし
良さそうなアングルが決まったらシャッターを切る
これを繰り返してドンドン撮影し
後からPCにつないでモニターで写りをチェック
よければ2048×1536に縮小し
グーグルのフォトにアップして作業完了となります。

さて、オカメの撮影はこんな感じなのですが
いかがでしたでしょうか?
あまりにもありきたりというか「やっすい内容」なので
ガックリこられた方も多いんじゃないかなぁ (笑)

そりゃ~オカメもデジタル一眼などを駆使して
ガッツリ撮影してみたいって気持ちもあるにはあるのですが
どっちかというと、時間とコストは違う方向に掛けたい人なのです

 (;^_^) ま、価値観って~のは人しだいってわけですね

最新の更新履歴

8.17 第3スチラドウゥが完成、完成写真と製作記をギャラリー(キャラクター(航空機))へ移動
8.14 製作中の第3スチラドゥ 単座戦闘機、F-20タイガーシャーク(エリア88仕様)を更新
8.12 製作中のA-4Bスカイホーク(エアフィックス)、サーブ ドラケン(エリア88仕様)を更新