2015年4月6日月曜日

15/4/06の更新分

ちょっと書くのが遅くなっちゃいましたが
昨年、チャリに乗っていると



※実際はロードではなくシティーサイクルです(笑)

加速しようとシフトを上げても変速せず
タイミングが遅れることが結構あったんですよね。

しかし修理するのが面倒臭かったので
ワイヤー調整でごまかしごまかし走っていたら
だんだんと現象が頻発するようになってきちゃいまして・・・
(機械だから当たり前だよね(笑))

で、重い腰を上げて修理しようかな~と思ったら季節は冬に


完全にダメ人間パターンですね(笑)

ま、そんなわけで春になったら修理しようと思っていたら


なんと、タイヤから空気が自然に抜けていく現象が・・・・

なんでか分かんないんですけど、冬になって気温が下がってくると
自然に空気が抜ける現象が良く出てくるんですよね
・・・・・特に面倒な後輪側が(笑)

ジワジワと減っていく現象ですから春まで持たせようと思い
最初は2日に一回間隔で空気を入れて、ごまかしごまかし乗っていたら
それが今年に入ってから1日間隔になり
2月にはとうとう半日もたない状態になってしまい
タイヤチューブの交換と変速機の修理を
クソ寒い中行うことになってしまいましたとさ(泣)

う~ん・・・・なんでオカメのチャリばかり
チューブが劣化しちゃうんでしょうかね? (^_^;)

最新の更新履歴

5.23 製作中のF/A-18C ホーネット(アカデミー)が完成
   製作記と完成写真をギャラリー(現用機)へ移動
5.20 製作中の川崎OH-1偵察ヘリコプター、F/A-18C ホーネット(アカデミー)
   F-20タイガーシャーク(エリア88仕様)