2015年3月31日火曜日

15/3/31の更新分

2012年「ガールズ&パンツァー」から始まった「萌え」と「ミリ」の融和
そして、その相乗効果による特需は多方面におよび
スケールモデル戦線の参加各国も「その恩恵」を受けることとなった。

更に「陸」主体で行われていたこのムーブメントにゲーム連合国が参戦
新たに投入されたコンテンツ「艦これくしょん」とのコラボにより戦線は拡大
主戦場は「海」へ移行することになる。

「陸」の戦いは、主に旧兵器のオプション追加で進められていたのに対し
停滞期間、いわゆる「冬の時代」が永かった「海」に関しては
日本スケモ同盟の主となる静岡共同体各国の本格介入により
精力的な新兵器の開発、投入が行われ
更なる軍民双方の特需を生み出すことに成功したのであった。

しかし、戦線の拡大はいずれ疲弊による縮小を招き
戦線を維持するためには新たな「波」も模索しなくてはならない・・・

そこで浮かび上がってきたのが、後続「スホーイ」にバトンを渡し
退役していた老兵F-14トムキャットである。

一線を退いた機体ではあるが
そのカリスマ性は新、旧、一般、マニア、全てにおいて突出しており
第三の波「空」を起こす起爆剤として主戦線「艦これ」の裏側で
「準備」は進められた・・・・

そして2015年の初頭
ついにF-14が表舞台に躍り出ることになったのだが
それは予想に反し「スケモ」「萌えミリ」戦線とは違う
「付録付き分冊百科」という方向からによるものであった。

アシェット国のTV媒体を主とした広報は、一般への認知度
更に退役モデラーの購買意欲を高める結果となり
結果、スケモ戦線側でも動きが活性化
ついに戦線参列国である雑誌方面軍モデルグラフィックスにより
新兵器「至高のF-14」の本年度投入が発表されることになる。

5月から8月にかけ、複数回の雑誌付録という発売形態ではあるが
生産は技術力に定評のあるファインモールド国が担当しており
それゆえ戦線内兵士からの期待値は高く
これが前述の「空」による「第三の波」の起爆剤となる可能性もあって
スケモ戦線全域が固唾を呑みながら様子を伺っている
そんな状況にある3月の末
スケモ戦線内にある辺境国「大インコ帝国・鎮守府」で・・・















まぁ~そんなわけで今から盛り上がるであろうF-14ブームに共闘し
(というか乗っけてもらうだけなんですけどね(笑))
ハセ新版・F-14トムキャットの製作を開始することになりました♪

ってか、今日のTOPページの内容って
プラモに興味が無い方だと分かんないですね・・・・(^_^;)

さて、今年リリースされるファイン製のトムキャットは
そらぁ~もう凄いって~のは間違いないでしょうし
ファインモールド社からの単品発売や
零戦みたいにタミヤが後だしジャンケンする可能性も
(あくまで個人的予想ですが)ゼロでは無くなってきました

つまり、それは今のタイミングを逃してしまうと
この先オカメがこのキットを作る可能性は限りなく低くなるということでして
それは長年ベストキットとして作られてきたハセ新版のF-14を

一度も作ること無く人生を終わってしまうということになるわけです!

いや、実際はそんな大層な事って~わけでもないんですけどね
やっぱHPで書くんなら思いっきり盛った方が面白いでしょ(笑)

そんなわけで今回ハセ新版F-14を製作することになったのですが
付録キットの発売が終了する8月までに仕上げることが出来たら・・・
などと考えてはいるのですが
う~ん・・・・・まぁ~無理だろうなぁ~

え?そんなん分かりきったことやんって
ははは、いや、失礼(汗)

でもこの勢いで72の現用機が流行って欲しいですよね、うん (^^ゞ



最新の更新履歴

5.26 製作中のA-6A イントルーダーを更新
5.23 製作中のF/A-18C ホーネット(アカデミー)が完成
   製作記と完成写真をギャラリー(現用機)へ移動