2015年3月21日土曜日

10式戦車を初めて見たど~っ! 15/3/20の更新分

さぁ~大盛況だったosaka防衛防災フェスティバルのレポート
今日はラストの第3回!
前回、後回しにした10式戦車を書いていきたいと思います。

(`,,・ω・,,´) ってか、これが一番の「ネタ」なんですけどね

陸自の地上機材等を見て回っている時に
チラッ、チラッと戦車が視界に入っていたのですけど
あえて無視・・・気にしていない「フリ」をしておりました。
(オカメって好きな物は後に取っておくタイプなんですよ)

アパッチ、装甲車等々を一通り見て回り、後は10式を残すのみ

ガマンにガマンを重ね、オカメのハートは爆発寸前!
さぁ~ここで一気に欲望を開放してやります(笑)



コォォォォォ~~~~~~ッ

ふるえるぞハート!
燃え尽きるほどヒート!!

クゥ~~~~~~ッ!
むっさカッコええやんけぇぇぇ~~~~っ!!!

なんというか、戦車なのにデザインが華麗で繊細なんですよね
そう、日本画に画かれている女性のような・・・と言いましょうか
オカメ好みのスッとしたデザインです。

が、繊細=華奢ってんじゃ~無く
綺麗な外見の中には、凶悪な程の実力を感じさせる
「オーラ」が車体の周りに漂っていまして
そら~もう、初見のインパクトは半端じゃなかったです (^^ゞ


その後、ぐるりと車体を見て回ったのですが
オカメがこういう風に感じたのは、車体の意外な程の
「コンパクトさ」によるものが大きいんじゃないかと思います。

この小さな車体に、上の階級と同じ打撃力、防御力、機動性
おまけにインテリジェンスまでを凝縮しているという知識が
更にオカメのインパクトを大きくしたんでしょうね。

興味が出てきた方は、一度「10式」で検索してみてください
特にスラローム走行中の行進間射撃なんかは必見ですよ♪

う~ん、これほどの戦車を作ってしまうとは
やはり


いや、まぁ~これは一応ホームページ用のネタで
本気でこんなことを言っているわけではありませんので
・・・・・念のため (^_^;)

そういえば、15トン級の次世代ハイパワースリム・ジェットエンジンの
開発にめどがたったとかいうニュースが流れていましたけど
ああ・・・F-3は悲願の純国産機になるのかなぁ

(´,,・ω・,,`) チョッとドキドキしちゃうよね♪

最新の更新履歴

5.26 製作中のA-6A イントルーダーを更新
5.23 製作中のF/A-18C ホーネット(アカデミー)が完成
   製作記と完成写真をギャラリー(現用機)へ移動