2014年12月31日水曜日

湿度計


はい、え~っと、その~・・・・・
写真そのまんま、湿度計であります(笑)

これだけで終わったら怒られそうなので
チョッと色々と書かせてもらいますね(汗)

ある程度プラモ製作の経験のある方ならご存知だと思いますが
塗装は空気の温度や湿度にかなり影響されてしまいます。

その起こる「影響」には色々とあるのですが
今回は、そうなった時に受けるショックが半端じゃない
「カブリ」について説明させていただきます。

簡単に説明しますと、空気中の湿度が高い時
塗装面に発生しちゃう「曇り」のことでして
発生する要因は色々とあるのかもしれませんが
やはり一番の原因は湿気!
これに間違いは無いと思います。

このカブリ、たとえばつや消しの迷彩色を塗装する場合だと
あ~あ・・・・・で済むこともあるのですが
メタリック塗装をクリアーでオーバーコートしている時などに発生すると
そりゃ~もう・・・・
脱糞しちゃいそうな程の衝撃に襲われることになっちゃいます (^_^;)

これを防ぐために、リターダーと言われる溶剤を塗料に添加したりするのですが
あくまでもマシになるというだけで、根本的な解決にはならず
結局発生しちゃってガックリ・・・ということはよくあることなんですよね

ではどうするか
それは「湿度の高い日に塗装はしない!」これにつきます
え?あたりまえやんけ!って
ははは、そのあたりまえのことをするための湿度計なんですよ

オカメも今まで塗装するかどうかは自分の「勘(かん)」で行っていたのですが
今回、湿度計を購入して
人間の勘って案外当てにならないのもだなぁ~ってことがよく分かりました

体感で今日は塗装が出来そうかな~・・・・と思って湿度計を見てみると
けっこうな高湿度だったり
暑くてジメジメしているような感じがしていても
実際は思っているほど湿度は高く無かったり
ほんと・・・・あてにならないもんなんですよ・・・・

 で、結論です
ホームセンタとかで安く売っていますし、これは購入されてみるのも良いかと
「転ばぬ先の杖」とも言いますしね (^_^;)

あ、そうそう塗装に問題無い湿度ですが
ネットで色々見てみたところ50%以下ならまず問題無し
60%位から、そろそろヤバイかも・・・という意見が多いようです
まぁ~その時の条件によって数字は結構変化しちゃいますから

(´,,・ω・,,`) その辺りは「自己責任」でね