2014年8月7日木曜日

[番外編]妖怪ウォッチ ジバニャン 製作記 14/8/7の更新分

今、ちまたで大人気の「妖怪ウォッチ」
その中に登場する主要キャラをプラモ化したのが
今回製作するバンダイ製「妖怪ウォッチ ジバニャン」です。

ネコの自縛霊で、見たとおりのカワイイ外見に
チョッとのんきでヘッポコなキャラクターがうけているようで
作品の中でも一番の人気妖怪になっています (^^ゞ


さて、ガンプラで有名なバンダイが
「妖怪ウォッチ」をシリーズでプラキット化するという話を耳にし
どんなものかと興味を持ってお店に足を運んだわけですが
そこで発見したこのキット
もうね、見た瞬間にビビビッときて速攻で購入しちゃいました (^^ゞ

そのパッケージングは写真のようにカワイイ!の一言
(まぁ~ジバニャンがオカメ好みのデザインってこともありますが(汗))

んじゃ~ウキウキワクワク製作開始で~っす♪






では箱を開けて、まずは各パーツの作り
次に順を追って製作時の写真&解説・・・といくべきなのですが
製作時の写真を撮り忘れちゃいまして
というか、写真をとる間もないほどにサクサクッと製作が終わっちゃったんです

なので今回は製作中の写真&解説は無し(オイオイ)
その代わりとして、説明書の写真を掲載しておきます。

説明書は写真のように子供でも理解しやすく
なおかつカラー印刷により楽しくなってくるような内容になっています。

キット自体については
一つ一つのパーツが大きい上にゲートの根元部分が細くなっており
ニッパー(工具)を使わずともランナーから切り離すことも可能になっています。
小学校低学年くらいのお子さんでしたら
ゲートの切り残しを爪切り等で処理する方法を教えてあげるのも良いでしょうね

組み立てに関しては
さすがバンダイ・・・・と申しましょうか
ガンプラで培ったキャラクターキットのノウハウは半端じゃなく
立体パズルと言った方がシックリくるほどのパーツ精度の高さです。

接着や調整等をしなくてもパーツ間の段差や隙間は全く無し
パーツを合わせて押し込むだけでパッチパッチと組みあがってくれます。

塗装は・・・・・う~ん
ま、やった方が良いに決まってはいますが(汗)
パーツの成型色自体がキッチリ色分けされていますし
そのまま組んで、キットに付属しているシールを貼るだけで
十分以上の完成度にもっていくことが可能です。

と、まぁ~そんな感じでセキセイ殿がパチ組みし
完成させた写真が・・・・


これだっ!  d(●^o^●)

キョ~~~ッ!むっちゃカワイイ~~~ッ!!
これ、ほんとにパーツをランナーからむしり取って組み付け
付属のシールを貼っただけなんですよ♪

このかわいさはヤバイです(笑)

さて、先に書いたように子供や初心者の方が製作するとしても
特に大きな問題になるような所は無いと思いますが
一つだけ、微妙に難易度が高い箇所が存在します。

それは手足先端部分のシールで
貼り付け面が写真のように少し強めの曲面になっているため
巻き込ますような感じの貼り付け作業が必要になっているんです
とはいえシール自体にスリット状の切り込みが入れてありますので
大人の方ならば、説明書にしたがって作業を行えば問題無いと思います。
小さいお子さんが作る時は
この部分だけ大人が代わってあげても良いかもしれませんね (^^ゞ


また、後頭部に普段は平面でツライチになっていますが
ボタンのようにグイッと「押し込める」部分がありまして
写真のようにそこを押し込んでやると


(;´Д`) グロッ!

こんな感じで顔面がポロリと押し出されます。

実はこのキット、バージョンの違う3種類の顔が付属しておりまして
これらを交換することにより色々な表情に変化させてやることが可能
また、両腕も写真のストレート形状の他にヒジを曲げたバージョンが付属しており
こちらも簡単に交換することが可能になっています。

で、それらのパーツを交換してやると


ひゃくれつ肉球~~~~っ
ニャ~~ニャニャニャニャニャッ

ってな感じで、こういうファイティングポーズとか


付属のNKB(ニャーケービー)48の写真集を持たせて
ウニャ~~~ッ!ってな感じにすることが可能です(笑)

他にもバージョンの違う目のシールが数種類付属しており
貼り変えればヘラヘラ顔になったりキラキラ顔になったりと
まぁ~色々な表情とポージングで遊べるってわけですね、ええ


あと、使用しないパーツを固定する部品が付属しており
写真のようにしておけば紛失しにくくなっているんですよ
ほんっと、気がきいてますね♪


では総評・・・というかキットの感想です

最初にこのキットで一番良いと感じた点から
まずは・・・・う~ん・・・・・やっぱかわいさかな (^^ゞ

2次元のキャラを凄く良いバランスで3次元へ立体化している辺り
さすがキャラクターのバンダイってところでしょうか
ま、もともと単純で立体化しやすそうなデザインではありますが(笑)

次にそのパーツ精度や設計等々
部品に何も(加工)しなくてもピタッ!ピタッ!と合ってくれる素晴らしさ
接着不要な上に成型色によって塗装が不要な点など
プラモ初心者の方はもちろん、小さいお子さんでも簡単に作れ
しかもそこそこの完成度に仕上がる辺りは
ほんっと、凄いというか素晴らしいと思います。

さらに可動部やはめ込み部分がシッカリしてますので
完成後も表情を変えたりポージングを変更したり
フィギュア的に楽しむことも可能です。

フィギュア関係には興味が無いオカメでさえ
これに関しては「良いな~」って思っちゃいましたんもんね (^^ゞ

さて、こんだけ良い点をあげたんだから
次に悪い点も書かないといけない・・・・とは思うのですが
ん~・・・キットの内容に関してはチョッと思いつかないなぁ~

しいてあげるとすれば、もう少し安かったら言うこと無しってとこですが
こういうキャラクター商品って色々オマケ(版権等々)が付いてきますので
定価800円ならまだましな方・・・だよね?


ってなわけで今回のジバニャン製作記、いかがでしたでしょうか?
キャラ物とは言え別館に掲載するのはチョッとどうかと思い
TOP絵の更新と一緒に掲載することにしちゃいましたが
ごらんのように軽い内容になっちゃいましたから
ちょうど良かったんじゃ~ないかな(笑)

さて、この作りやすくて子供にも大人気の「妖怪ウォッチ ジバニャン」
皆さんも一度購入し、家族で製作してみてはいかがでしょうか?
さすればプラモ趣味への理解も深まり
好意的に見てくれるようになること間違いなしですぞ♪


・・・・って、ちょっと甘いかな (^_^;) ははは



最新の更新履歴

5.26 製作中のA-6A イントルーダーを更新
5.23 製作中のF/A-18C ホーネット(アカデミー)が完成
   製作記と完成写真をギャラリー(現用機)へ移動