2014年4月10日木曜日

4月10日の更新分 さようなら、交通科学博物館

大阪市の弁天町にある交通科学博物館
先週の4月6日、52年の長い歴史に幕を閉じました。
大阪で幼少期を過ごした方でしたら
遠足等で一度は行った事があるんじゃ~ないかなぁ・・・・

展示されていた車両等は、2016年に京都で開館する
京都鉄道博物館へ移管されるようですね。


と、いうわけで、実は先月オカメも最後の見学に行ってきたんです。

もう20年以上は行ってなかった博物館ですので
チョッとドキドキなのでありました (^^ゞ

で、入館したところ・・・・


まぁ~人が多い多い(汗)

展示車両なんかに乗ろうと思ったら
ズラズラ~っと並ばなくっちゃいけないんですよ、ええ


でも、まぁ~展示車両の運転席なんかは
デザインが凄く昭和の香り高く、アナログチックで渋かったです (^^ゞ

他の展示物や車両なんかも、いかにも「昔からの」って感じで
どこか懐かしい香りがしてステキです♪

ほんと、これは時間をかけてジックリと見たかったのですが



こういう系統の展示物って、機械系が好きな人間じゃないと
ジックリと見て楽しむ・・・・って感じにはならないんですよねぇ (^_^;)



やっぱり、こういう展示品なんかを見に行くときは
一人でジックリと見る方が良いですね(汗)

入館料なんて、たったの400円だったんだし
こんだけ見るものがあるんだったら
去年の早い段階で見に行ってたら良かったなぁ~・・・・

(´・ω・`) と、いまさらながらに思うオカメなのでありました



最新の更新履歴

5.26 製作中のA-6A イントルーダーを更新
5.23 製作中のF/A-18C ホーネット(アカデミー)が完成
   製作記と完成写真をギャラリー(現用機)へ移動