2014年2月24日月曜日

2月24日の更新分 ハセガワ製 VF-25・メサイアのレビュー(その2)



キョ~~ッ!
ハセガワ製1/72、VF-25Fメサイア 完成で~っす♪


★★今回も写真をクリックしたら大きい画像で見れますよ♪ ★★

クウ~~~ッ・・・・・初めてVF-25を目にした時の衝撃が蘇りますね
ほんと、VF-25はカッコイイ~~!

まぁ~細かいところでは色々とありますが(その辺りは製作記の総評を見てね)
そういう所を差し引いても
やはりハセガワアレンジのVF-25・・・・良いんだなぁ~~~~これが(●^o^●)


で、気分が良いのでレビューの第2段をやっちゃうよ~♪

前回(2013.11.17)は仮組み状態での比較だったので
塗装が終わった今回の方が感じがつかみやすかな?
んじゃ~いってみましょう。


写真左側がハセガワ製、右がバンダイ製です

まず正面からの比較

前にも書きましたが、コクピットやストレーキ周り(つまり主翼から前側)が
実在する飛行機のような感じにアレンジされてますね。


機体後半、胴体側も微妙にハセの方が微妙にシュッとしてるかな?

でもこの辺りに関しては、その差は微妙・・・・といったところで
機首側程には違いを感じません(汗)


側面は、やはりコクピット周りのラインに違いがはっきりと出ています
と言っても気にしなきゃ分んないレベルの話ですが(笑)

奥のバンダイ製は、キャノピー周りのアウトラインが
機体側と一体感のある繋がった感じになのに対し
手前のハセガワ製は少しポッコリと飛び出ているような感じ。
F-15や16みたいに、格闘戦重視の実機などによく見られる
視界の広さを意識したデザインのキャノピーですね

また、キャノピー後側の膨らみ(ドーサルスパインっていうのかな)も
ハセガワ製の方が微妙に滑らかなラインで実機っぽい感じ・・・・・かな


次は下面

やはり飛行形態固定の強みか・・・・・・
機体の下面で一番目立つインテーク周りの形状は
ハセガワ製の方が圧倒的に「それっぽい雰囲気」に仕上がっています。

ただ、これらは2つを「並べて見たら分る」という位ものですから
バンダイ製も、悪いというわけではないんですよ、ええ

唯一バンダイ製で辛い箇所といえば・・・・・降着装置周りかなぁ
脱着式になっているのでゴツ過ぎるんですよね。

でも強度があるため、ギアを降ろした着陸状態に収納した飛行状態
どっちでも好きに選択出来るって~ところは
大っきいアドバンテージといっても良いでしょう (^^ゞ


(・e・)b  で、結論


今回のハセガワ製VF-25は、今までのハセガワ・マクロスシリーズと同じく
飛行形態のバルキリー「だけ」が欲しい人にとっては
最っ高~~の製品に仕上がっていると思います。

完全に飛行形態に特化していますので余計な組み立て(手間)が不要
そしてなにより、外形が完全に飛行機の「それ」になっているって~ところが
オカメを含めたそういう人にとってドストライク!

ほんと、よくぞ・・・・よくぞ出してくれましたと言いたい位に良いキットでした

あと、これだけハセガワ製を褒めちぎることによって
バンダイ製が悪いと言っていると勘違いされては困りますから
少し述べさせてもらいますと
バンダイ製VF-25もプラモデルとしては素晴らしいもので
3形態完全変形ゆえの、ギミック、強度、デザインのバランス
それらをこの次元で融合し、製品化させた
まさに奇跡と言ってもいい位の良キットだと思います。

ようは、その人の求める価値観の違いにより
プラモの価値(評価)は上がったり下がったり変化するものですから
自分が作りたいと思ったキットを買ってきて、楽しく作れれば
それが一番って~ことですね(●^o^●)



さて、メサイア完成の興奮冷め止まぬ中
次回はとうとう我がホームページのメイン
自衛隊機のお披露目です!

(`・ω・´)v お楽しみにっ♪



最新の更新履歴

6.26 製作中のクフィル (エリア88仕様)を更新
6.23 TOP絵を更新
6.22 製作中のF-20タイガーシャーク(エリア88仕様)を更新