2013年8月29日木曜日

8月29日の更新分 第三回SMF その4

今日は第三回SMFのレポート第4弾!

お待ちかねの結果発表・・・・と、いきたいところですが
その辺りは雑記帳コーナー用に現在製作中の
「オカメインコの翼」本編で書かせていただく予定です。
今週末には完成する予定ですから、お楽しみに~♪

さて、今回も協賛メーカーの方が多数こられてまして
その中で数件のメーカーさんとお話させていただきました。

まずは飛行機プラモといえばハセガワさん
今年JMCが開催されなくなってしまいましたので
こういう機会が減ってしまい、チョッと残念なんですよねぇ (^_^;)

というわけで、オカメが一番気になっていることをお願いしておきました
それは今度発売になるVF-25ですが
かならず・・・かならず「ハセガワの作るVF-25」にしてください!
ってことなんですよね

バンダイさんがこの前発売されたVF-1とか、初キット化された時のVF-25って
ファイター形状が、オカメ的にチョッとアレだったもので(汗)
いや、あの小さな機体で可変機構やスナップフィット等々
さすがバンダイは凄いとは思うんですよ、ええ

でもオカメは飛行形態のバルキリーが欲しいんです
そう、ハセガワのVF-1みたいなのがね (^◇^;)




さて、次にオカメが気になったのは
ジオラマ等のストラクチャーを作られている株式会社さんけいさん

ブースの前に航空基地用の整備格納庫や管制塔などを展示されておりまして
その精密感は、まさに素晴らしいの一言!


色々詳しくお話を聞かせていただいたのですが
これらの製品って、紙で出来ていたんです。

紙といっても普通の物ではなく、カチカチの樹脂っぽい紙でして
強度、耐久性もバッチリの材質になっており
完成時の雰囲気は・・・・そうだなぁ~
エッチングのシャープさとプラ製品の厚みを足したような感じ・・・かな

特にクルクル回っていた航空管制レーダーなんか
凄い精密感&立体感でしたね

サイズは1/144に合わせてあるとのことですので
コレクション派の方には最高のアイテムなんじゃないでしょうか


 さて、144スケールの飛行機(特に自衛隊機)といえば・・・・

そう、トミーテックさんの技MIXシリーズですよね (^^ゞ

今回も協賛メーカーとしてブースを出されてましたので
どれどれとチョッとのぞいてみたところ・・・



クオォォ・・・・なにこれ?え?なんなの、これ?

今度発売になる4発機、P-3Cが飾ってあったのですが
これがまぁ~また凄い出来でして・・・・・いや、ほんとに(汗)

繊細に施されているパネルラインの凹モールド
綺麗な機体塗装に、タンポ印刷によって
デカールのような余白もなく精緻に施されたコーションマーク類・・・・



いやいや、もう驚くというかあきれるというか(笑)
しばらく見入ってしまいました (^_^;)

う~ん・・・・組み立てるだけで、こんな凄い仕上がりになっちゃうキットが
7000円以下で手にはいるだなんて・・・・
凄い時代になったものですねぇ

オカメみたいな作る派には、凄すぎてチョッとガックリきちゃいますが
(へたに作るより、これらを買った方が出来が良かったりしますから(笑))
コレクション派の方には嬉しいだろうなぁ~・・・これ (^◇^;)


さて、メーカーさんのお話はあと一つあるのですが
(実は、これがウキョ~ッ♪って話だったりするんですよ)
続きは明日

(●^o^●)てなわけで、請うご期待!


最新の更新履歴

12.11 製作中のUH-60J レスキューホーク、ヤマハ RZ50を更新
12.10 製作中のコスモゼロを更新
12.09 製作中のF/A-18E スーパーホーネットを更新