2013年7月31日水曜日

7月31日の更新分

日本の光学機メーカー各社が協力して開発した新型のカメラを
国立天文台のすばる望遠鏡に搭載したとのニュースが


で、その新型カメラにより撮影された
アンドロメダ銀河の美しい写真が公開されました。

おおお~~~っ!
う・・・・美しい (^◇^;)

いやぁ~っ、ほんと、宇宙って神秘的で美しいですねぇ

さて、アンドロメダ銀河と言えばオッサン世代には知名度の高い銀河でして
それはなぜかと言いますと
そう、松本零士先生の作品に名前が出てきたからなんですよね~

名作、銀河鉄道999では目的地
宇宙戦艦ヤマトでは地球防衛軍旗艦の名前
オカメの世代だと、この辺で名前を知った方が多いんじゃないでしょうか(笑)

と、そうそう


これもニュースになってましたが、松本先生の代表作
宇宙海賊キャプテン・ハーロックが今年映画化されて放映されるとか

チョッと興味があるので、公式サイトを覗いて
プロモーション用の動画を見てみたのですが・・・・・


いや、あのですね、アルカディア号のデザインが・・・・・(^_^;)

この前ハセガワからキット化された、アニメの劇場版に出てくる船体形状が
ムチャクチャにカッコイイんですから
それをCG化すれば良かったと思うんですけど・・・・

実写版、キムタク・ヤマトの時もそうですが
なんで松本作品のメカって、リアルCG化すると変になっちゃうんでしょ(汗)

その点、同じCGでもヤマト2199の方は素晴らしいですよねぇ
まぁ~色々な方向性があっても良いとは思うんですけど
オカメ的には2199的な感じの方が好みかな

あ、そうそうヤマト2199と言えば
TV放送版でOPが新しくなってましたね
始めて見た時


いやぁ~チョッとビビッちゃいましたよ、ええ (笑)

その前に変更になっていたエンディングは
オカメ的には前より良い感じと思ったんですけどね (^◇^;)




最新の更新履歴

5.23 製作中のF/A-18C ホーネット(アカデミー)が完成
   製作記と完成写真をギャラリー(現用機)へ移動
5.20 製作中の川崎OH-1偵察ヘリコプター、F/A-18C ホーネット(アカデミー)
   F-20タイガーシャーク(エリア88仕様)