2013年6月16日日曜日

ハセガワ 1/72 三菱F-2支援戦闘機 ライトニングアレスタの修正作業

今回はF-2支援戦闘機の機首レドームに付いている
ライトニングアレスタの修正作業を紹介したいと思います。

さて、最近の戦闘機は、機首にあるレドームに
放射状にライトニングアレスタと言う「線」が入っております。
その働きは・・・まぁ~自分で検索してもらうとして(笑)
今回はハセガワ製1/72スケールキットに見られる
ちょっとウ~ンな点を、オカメがクールに決める方法を
バッシッ!> m9(`・ω・´)
と紹介しちゃいます。
ウキョ~~ッ♪


まずはキットをそのまま組んだ状態の写真を。
両側にある線(凸モールド)だけが、変に大きいと感じませんか?
金型からの「抜き」の関係で、このようになってしまったようなのですが
これだけが太くなっていると、チョッとアンバランスですよね
おまけに、位置も実機と違っていちゃったりするんです

で、今回はこの凸部分と後ろにある針状の部品をシャープに加工し
精密感と考証、両方を一気にアップさせちゃいましょう。


まずはこの凸部分と針状の部分を、ばっさり切り取っちゃいます。
そして針状の部品が付いていた場所に穴を空けてやりましょう。
オカメは0.5mmの穴をピンバイスを使って空けてやりました。

次にこの凸部の影にあった胴体の合わせ目を
写真のように綺麗に消してしまいます。
元のモールドがありませんから普通の合わせ目消しの要領で
簡単に作業が出来ちゃいますね♪


次は消えた凸モールドを再生してやりましょう。
あ、そうそう、先に述べましたがキットのモールドの位置は
実機と少し違っておりますので、ついでに位置の修正もね。

まず作りたい凸モールドの先端部にテープを貼りつけます。
写真を見ていただいたら分かると思うのですが
ようは、そこから先を接着させない為のマスキングですね。

次に写真のように「伸ばしランナー」を位置決めしながら
両端をテープで仮止めします。

あとは流し込みタイプの接着剤を使用して
ランナーと機体間を接着するわけですが、ここで注意点!
それは一気に大量の接着剤を流し込まないってことでして
なぜなら左右のテープの縁にまで溶剤が回り込み
剥がしたときにテープ跡がクッキリ残る可能性があるんです。
ですから、ここでは極少量の使用に留め
仮接着くらいにしておきましょう。

次に作り直したモールドをカットしてやります。
先にマスキングに使用したテープ(下側)の境界線位置で
伸ばしランナーをカットしてやるのですが
ここでワンポイントを・・・・

それはカット時に強く刃を当てないで下地に傷を付けないこと!

下地に傷を付けちゃうと、修正作業が必要になりますからね。
カット時のコツとしては、よく切れるカッターの刃を使うことと
刃を伸ばしランナーに軽く当てる感覚位に留めておくこと
・・・・・くらいかな (´∀`)ゞ
実際にやってみたら書いていることの意味が
すぐ理解できると思いますよ~ん

大層に書いてますが、作業自体は凄く簡単なことですから
ま、予備知識程度ってことで(汗)活用してやってください


で、接着した伸ばしランナーをカットし
モールドの再生&位置調整が終了した写真がこれ

ムッフ~
どうです?最初に比べると凄くバランスが良くなってるでしょ

今回修正したモールドは、元のモールドがあった位置より
少し上に調整して接着しています。
細かいところは写真を参考にしてくださいね。

位置や長さ等、仕上がりが良いようでしたら
この段階で流し込み接着剤をしっかりと流しこみ
ガッチリと接着してやりましょう。
乾燥したらライトニングアレスターの修正作業は、これにて終了です。


次は切り飛ばした針状のパーツ
「AOAプローブ」を作り直してやりましょう。
といっても大した作業ではありませんで(笑)
まず先に開けておいた穴に針を差し込み、左右に貫通させてやります。
あとは両側から  mmくらい飛び出す位置を探り、針をカット
針を引っこ抜いて、カットした側の先っちょを削り
もう片方と同じ尖った形状にしてやれば、はい出来あがり~


で、これが針を差し込んだときの写真ね (゚▽゚*)
作り直したライトニングアレスターとあいまって
最初の状態とは比べ物にならないくらいに精密感が
アップしていると思いませんか?
ウキョ~~ッ♪



最後に塗装した時、どんな感じに仕上がるのかを
アップで公開させていただきましょう。
といっても現状は完成形じゃぁ~無いんですけどね(笑)

さぁ~どうだ?
良いでしょ?良いでしょ?凄く良いでしょ~っ?
今回の作業を施すと、こんな感じに仕上がるのですが
ノーマル状態での「違和感」が無くなっていると思いませんか
クオォォ・・・・やっぱF-2は渋いなぁ

さて、今回のライトニングアレスター&AOAプローブの修正
いかがでしたでしょうか?
ベテランモデラーの方からすると、どうってことのない内容ですが
「これから」という方には、多少はお役に立てたんじゃないでしょうか。
素組より一手間多く掛かっちゃいますが
掛けた手間以上の効果は十分に出ますよ~ん♪

ではカッコイイF-2を作りたい自衛隊機好きの同士諸君!
あとは諸君の奮闘努力次第!!

(●^o^●) なのです、はい

最新の更新履歴

12.11 製作中のUH-60J レスキューホーク、ヤマハ RZ50を更新
12.10 製作中のコスモゼロを更新
12.09 製作中のF/A-18E スーパーホーネットを更新